アパートの自宅で解体可能なボーカルブース

来月に新しいアパートに移り住み、隣人が私を憎むことがないようにボーカルブースを建てることを見ている。私はかなり大声で(歌よりも悲鳴にもっと焦点を当てています)、ブースの目的はノイズが入って来るのではなく、ブースから出るのを防ぐことです。

The work-in-progress idea will have the booth being movable, the
pieces of the walls/top held together by hinges to allow it to be
taken apart if the case of a move. The walls will be two sheets of
wood (still researching types/thickness), with this sound insulation inside, leaving a 1
inch air gap in between the insulation within the walls. So
wood -> insulation -> air gap -> insulation ->
wood.
Still working on if these walls will be too thick,
possibly cutting one of those insulation layers if it’s
overkill.

今これは私が道に沿ってピックアップしたものです。それが正しいかどうかは不明です。私が正しい道を歩いていると誰にでもアドバイスがありますか?私が知っているか、より良いデザインを知っていればいい?

ベストアンサー

(I was just going to comment, but the comment got larger
and larger…)

OOh, screams? That would take a lot of dampening. I’m no
expert on the matter, just what I’ve been taught added with logical
thinking, but it seems like you would need a very thick, very heavy
enclosure. There’s no substitute for mass. I don’t think you can
have a mobile dampening booth, not a very effective one
anyway. Especially if you’re gona be screaming your guts out.

私はそれがあまりにも悲鳴の種類に依存していると思います。高音域の叫び声は、ベーシックな叫び声よりも減衰しやすい。あなたがそれをどれくらい抑えたいのかにもよると思います。

壁のうち2つが外壁が堅い場合は、ブースをコーナーに置くことができます。そのため、構築して移動する面が2つ少なくなります。あなたは余分なダンパー、おそらく永久的な窓をカバーすることもできます。

ヒンジのようなものは、ギャップが存在することを意味し、ブースの有効性をかなり阻害します。何とかこれを解決する必要があります(たとえば、厚いゴムなど)。ブースの有効性が低下するため、音が隙間や弱点から逃げます。それはチェーンが最も弱いリンクほど強力ですのようなものです。

なぜエアギャップ?私はこれをしばらく見ていないが、エアギャップが差をつけるとは思わない。私はそれが音波からエネルギーを取り出すのに役立つのか分かりません。何かがあれば、それは単に大衆を分割するだけです。しかし、私は100%ではありません。

あなたは時間、赤み、欲望があればそれを試すことができます。あなたができる場合は、建設前後の特定の場所で音のレベルを測定することができます。その後、追加の変更を加えてその影響をチェックするたびに測定を行います。理想的には、テスト用の音源は一貫したレベルであるため、ライブボーカルではなく、録音済みのボーカルである可能性があります。

ブースを建てるのではなく、週に1,2時間、もっと適したスペースを雇うことができます。数年前、私は両親と一緒に暮らしていましたが、地元のコミュニティセンターを2,3時間借りて、降下レベルでDJを練習していました。私はこれを週に一回行い、毎回£10の費用がかかりました。私はそこにナッツを運ぶことができ、誰も気にしないと考えて悪くない。考慮する別の角度。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です