ヴァンアレンベルトの放射は異方性ですか?

ヴァンアレンベルトの粒子線は荷電粒子(主に内側のベルトのプロトン、外側ベルト内の電子)。

荷電粒子は、磁界線に沿って磁極から磁極に向かって螺旋状の軌道を描き、磁極に向かって磁場が強くなる(磁極鏡)ため、磁極間を行き来する。

リンクのAP8流束モデルは、無指向性の粒子の流れを与えます。

I wonder if there is also a significant anisotropic flux
component in any of the belts. E.g. an 8 MeV proton in a
30 µT field would move in a radius of about 10km if my
calculations are correct. If the 8 MeV of kinetic energy were
mostly perpendicular to the magnetic field it would cause a strong
anisotropy, with much less radiation parallel to the magnetic
field.

有意な異方性が測定されたことはありますか?モデルは異方性を全く予測しませんか?

ベストアンサー

電子異方性の衛星観測

放射帯の電子は非常に速く移動しますが、地球には移動しません。代わりに、彼らは地球の周りの巨大なループで移動します。 Van
Allen
Probesのデータによれば、地球に向かう方向に、最もエネルギーの高い電子は、まったく動きがほとんどありません。何ヶ月もかけてゆっくりとゆっくりとドリフトします。これは、ゆっくりとした弱い動きであり、プラズマ圏によって引き起こされる散乱によって再燃する可能性があります。

2018年のGRLの論文「何が放射帯の強化をもたらすか:ヴァンアレン・プローブ時代の調査
“(paywalled、申し訳ありません)は、ThemisとVan
Allenサテライトが陽子と電子の方向を解決する手段を持っていることを示しています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です