円軌道から低推力で逃げるスピルリング、γ(ガンマ)とは何ですか?

@ MarkAdlerのコメントは、
0のC3からの遅いスパイラルは、衝動的な操作の約2.4倍のΔVを必要とするのはなぜですか?この綿密で効率的な@MarkAdler
答えが、別の思いやりのある答え。

その答えの下に、もう一つの

イースターエッグコメント宝石

常に速度ベクトルに揃えられます。これは、比エネルギーを増加させるために推力を最も効率的に使用することです。最後のγは31°です。

Question: In this context, what is the angle γ?
How is it defined?

ベストアンサー

uhohのコメントで要求された飛行経路角度$ gamma $を示す画像

enter image description here

これは、速度ベクトルと接線軌道成分の間の角度であり、$ vec {e} _ {θ} = [ – sin(θ)、
cos(θ)、0] ^ T $軌道平面は$ XY $平面です。 $ gamma(t)$$ $$ [ – pi/2、
pi/2] $の境界は、ペリラプシスとアポシス(または常に軌道が円形の場合)でゼロになります。

I have seen people taking the flight path angle as the one
subtended between $vec{e}_r$ and $vec{v}$ ($beta$ in the image).
However, in my opinion, it is quite confusing since it not coincide
with the aircraft definition of flight path angle (using $gamma$
does coincide).

Mark
Adlerのシミュレーションでは、最終的な飛行経路角が31度であるらせん状の振る舞いを強調するために一定の加速値が高いものと、最終的な軌道角が見える加速度が低いものの2つの場合があります(見た目では)0°に近いため、適用された加速度の依存性は明らかです。より加速が速ければ楕円軌道がより速く変化します(したがって、終端がペリプシスまたはアポシスで発生しない場合は最終の飛行経路角が高くなります)、低加速では軌道を擬似円形に保つように見えます(最終飛行経路角ほぼゼロです)。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です