ハーフ・フル・タンク内の液体に対する潮汐力の影響

ドイツの潮力に関するWikipediaの記事には、潮力半分の燃料タンクに影響を与える:

     

翻訳:

     

機械的に強固な接続がない場合、潮力が感じられます。例えば、液体が半分のタンクに入っているときです。

この記事では、潮汐力が液体燃料をハーフフルタンクに入れることについて言及していますが、燃料への影響に関する詳細はありません。

記事を読んだ後、私は今、次の質問をしています:

ハーフフルタンク内の液体に対する潮汐力によって起こりうる影響は何か?

ベストアンサー

ハーフ・フル・タンク内の液体に対する潮汐力による影響の可能性はありますか?

すべての実用的な目的のために、どれも。

惑星の中心から宇宙船の質量中心までの半径方向軸に沿った潮汐は、約$ 2g frac r R $であり、$ g
$は宇宙船の質量中心における重力加速度であり、$ r $は宇宙船の質量中心と宇宙船の他の点との間の距離であり、$ R
$は宇宙船の質量中心と惑星の中心との間の距離である。半径軸に垂直な分離の半分です。

宇宙船の重心と燃料タンクは、潮力が重要な影響を及ぼすためには、キロメートルごとに分離されなければならない。それでも、10
-3 g 0
(地球表面重力の1000分の1)が「重要」と認定されているかどうかは疑わしい。典型的な値は、マイクロ宇宙船が自由落下しているが回転している場合には、遠心力が完全に支配的である場合に、宇宙船が回転していない場合には表面張力が完全に支配的であり、宇宙船が推力を受けているならば、その推力は完全に支配的です。

ハーフ・フル・タンクは、スローに対する潜在的な制御性/安定性の問題を表す。ハーフフルはスローが最悪の時です。私が知っている誰も、泥沼をモデリングするときは潮力を考慮しません。自由落下の半分以下のタンクもまた、スラスタに燃料を供給することに関する潜在的な問題を表す。このため、推進剤管理装置に関する膨大な数の特許が存在しています。私はまだ潮汐力を利用するPMDについて読んだことはありません。

タンク内の潮汐力は今のところ問題ではない。人類が1キロメートル長い複数世代の宇宙船を建設する時かもしれない。それは将来のある世代のための問題です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です