季節的な感情は火星植民者の心配ですか?

私たちはすべて、構造物、植物、太陽電池パネルへの火星の日射暴露の影響について議論していますが、私は人間に対するその影響の議論を見たことはないと思います。有害でも有益なものでも、多くの健康に及ぼす日光の影響があります。ビタミンD欠乏症のようなサプリメント、それほど多くないものもあります。

季節性情動障害(SAD)は気分障害のサブセットであり、精神的に正常な人々ほとんどの年を通して、健康は毎年同じ時期に、最も一般的には冬に抑うつ症状を示す。人々はあまり寝ることができないか、エネルギーがほとんどありません。夏の状態には、不安が高まることがあります。
[ウィキペディア(Wikipedia)]。

そしてこれに苦しんで、私はそれが非常に窮屈なことができると言うことができます。人工光は実際にそれをカットしません。火星のような困難で危険な環境では、人々は単に必要な作業を行うためのエネルギーを見つけられないため、植民地の運命を綴ることができます。私が理解しているように、太陽光の量は深い日陰や曇りの日に匹敵し、電離放射線に曝される危険性があるため、窓/天窓による自然の日光へのアクセスは制限されます(太陽風とCME
)。そしてそれは季節的なものではなく永久的なものになるでしょう。

Are there plans, experiments, solutions that address this
concern? “Just add more LEDs” may seem as the simple solution, but
will it be enough?

ベストアンサー
申し訳ありませんが、適切な答えはありません

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です