6回目のSpice and Wolf Light小説の始まりで、「好き」と「愛」の間に何が違うのですか?

Note: Please no spoilers beyond the start
of the 6th novel.


Spice and Wolf 小説の最後で、ローレンスは「私はあなたが好きです」と言っています。

今までのところ、ローレンスがホロに向かって愛を使ったことは一度もありません。私はPDFをチェックするために検索機能を実行しました、私は確信しています。

しかし、次の本では、ちょうどその前の小説が終わった同じ日に、ホロはローレンスに「私はあなたを愛している」と言っていることを告げる。

enter image description here

私が知ることができる最高の、作者は以前の小説に
“愛”を書くことを意味しました。そうでなければ私のPDFコピーは間違っています。

これの背後にある説明は何ですか?

私は第六小説を始めて、私が17冊のうち6冊であるロマンスに関して「愛」を捜しているだけなので、トピックに関するGoogleの検索を行うのは恐ろしいことです。あらゆる種類のスポイラー。

ベストアンサー

どうやら、ライト・ノーベルの日本語版では両方とも好きという言葉が使われているようです。

Spice and Wolf 5(強調表示)のページ345から同じ行を引用:

それでも、ロレンソはホルトを抱きしめて、それで。
  「俺は、お前が好きなんだ」
  それから右頬に軽く口づけをした。

スパイスとウルフ6のページ29から同じ行を引用します(強調表示):

「わっちゃあっしかった。そう。ぬしがわっちを好きじゃと言ってくれればじゃからーーー」

「好き」か「愛」が正しいかどうかにかかわらず、ホロは単に前夜にローレンスの告白を引用していたので、同じ言葉が両方の場所で使われているはずです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です