白い矮星の向こうにダイソン球を作ることで、惑星のような地球は人生を支えることができますか?

(仮説的概念)しかし、白い矮星を私たちの電源として使うことは可能でしょうか?
99%のエネルギーを供給すれば?人生を持続させることができるか(可能ならば、矮星から適切な距離にある外惑星に簡単にコロニー化することができる)

ベストアンサー

ダイソン球は重力によって不安定です。惑星は円形軌道を持っていますが、ダイソン球は球です。どこで回転できますか?それは重要ではない、それは星に落ちる極に。

現在の技術的現実は、核融合エネルギーとそれに伴う惑星の加熱と照明は、それほど可能ではないということです。私たちは同じ数十年間に行うことができる、我々は平和で、よく組織された人類しか必要としないだろう:-)

しかし、ダイソン球を構築することは遠く離れている。そこからは何もできません。

しかし、白い矮星の周りに人生を持つ惑星は、そのようなことがなくても可能です。太陽から得られるパワーは、距離のレシピで二次的に増加します。私。惑星が星の半分にあるならば、それは4倍のパワーを得る。

星が太陽の1%の出力を持つ白い矮星である想像上の太陽系は、そこから15millionの惑星を居住する可能性があります。 (地球
– 太陽距離は150millionkmです。)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です