どのようにレーザーが「墜落する」宇宙の迷惑なのだろうか?

This
question
links to an article describing a ground-based laser
designed for shooting down orbiting space debris:

“科学者たちはアルティの光学レーザーセンターで大量のすぐに建設される望遠鏡を使ってレーザーキャノンに変換しようとしています”

@Chris Stratton mentions
the Wikipedia article on laser brooms in the comments,
which describes a different mechanism for space junk removal:

アブレーション材料は、軌道周縁部を上部大気中に降下させる小さな推力を与え、それによって抗力を増加させ、その残存軌道寿命が短くなるようにする。

そして

Other funded research into this area refutes NASA’s claim そして
demonstrates the precise physics involved, which shows that space
debris is re-entered regardless of the direction of laser
illumination.

But I’m still not sure I’m convinced. I think I get how pushing
an object “up” would cause the other side of its orbit to lower,
but if the object were tumbling (or was induced into a tumble due
to being shot with a laser), wouldn’t the direction of the ablative
thrust end up going off in rそしてom directions? Also, how small must
the bits of ablated matter providing the thrust be to avoid
becoming a problem themselves?

ベストアンサー

Here is a pdf studying techniques of laser
debris removal.

概要:

1)非アブレーションレーザーデブリ除去(軽い圧力と短時間の放射線による)は効果がありません。インパルスレーザアブレーションのみが実行可能である。

2)レーザービームを集束させるには大きなミラーが必要です(11-13メートル)。

3)500キロメートルの軌道におけるゴミの0.75キロのアルミ片には、脱着するのに9ヶ月が必要である(軌道当たり100秒のレーザー照度で)。レーザーパルスエネルギー7.3kJ、繰り返し周波数11Hz。

Table from the paper: enter image description here

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です