火星の赤道の近くに凍った湖がありますか?

Pack-ice

Figure 1. Views of plate-like terrain on
Mars, and pack-ice on Earth.
From the paper linked below.

a、軌道32からの火星のHRSC画像の一部で、北緯5.5.5度、東経150.4度を中心としたピクセルあたり13.7mの解像度で、プレート状の堆積物を示すイメージの下部の西南西へのブレークアップ、回転、横方向の動きの兆候。スケールバーは25kmです。
b、南極Weddell海のパックアイスの合成開口レーダー画像。スケールバーは25kmです。
(ESA画像、H.Rottによって処理された)
c、筏の7×12kmの拡大図が反時計回りに8°回転し、アイランド「I」の下流の明確な車線が湾曲する。クレーターの下流のリードLと右下の小さな島はほぼ真っ直ぐであり、西向きのわずかに北の一方向のドリフトを示している。島の上流の圧力隆起部「P」に注意してください。矢印は個々のプレートの相対運動ベクトルを示す。スケールバーは10kmです。

Murray et al。 (2005年)、重要なタイトルを持つジャーナルNature 「Mars
Expressで撮影した高解像度ステレオカメラの証拠」/strong>

の画像が提示されています。この画像から、北極緯度約5 $ ^ 0、東方約150 $ ^ 0
$の凍った水の存在が推測されますCerberus Palus地域の経度。
凍った湖は横方向に約800 x 900 kmを測定する必要があります!

cerberus region

Cerberus
Palus地方の推定凍結湖の存在を確認または無効にすることができるレーダー機器または中性子検出器による観測がありましたか?

そして、2005年の記事の発表以来、この地域内の氷堆積物の存在に関する高解像度カメラからのさらなる証拠はありますか?

Figure from “Evidence from the Mars Express High
Resolution Stereo Camera for a frozen sea close to the Mars’
equator”
Flooded craters

部分的に水没したクレーターの上にプレーンのような機能のの表面の低下とドレープの証拠。

ベストアンサー

This paper reports SHARAD observations of this
site, and also references previous publications based on an earlier
radar instrument MARSIS. It’s complicated and the data seems to be
ambiguous, but the bottom line appears to be that it isn’t a large
lake of solid ice. It might be broken up volcanic rock with ice
filling the spaces, or it might just be rock. There could also be
thin layers of almost anything, because the radar doesn’t see
them

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です