状態ベクトルの表における推進的な操縦の検出

カッシーニの「ボールの糸」の軌道を土星のまわりで解き、推進的な操縦の集計をしていますか?では、ドキュメンテーションのソースを尋ねますカッシーニ宇宙船の軌道操縦

代わりに、私は、中心体の周りの軌道上の宇宙船の状態ベクトルの大きなテーブル上で動作する「軌道操作検出器」用のpythonスクリプトを作成したいとし、軌道がある閾値以上変化したと思われるフラグを、どのように機能するのでしょうか?

一例は、平面変化検出器である。軌道に沿った2つの点と原点に加えて、平面が定義され、法線ベクトルが記録されます。良好な感度を得るには、2つの点があまりに近くに接近していてはならず、中心線と同一直線上に並んでいてはいけません。

軌道が中心体からのJ2(恒常性)項のために歳差運動していたならば、連続する法線間の角度の変化は小さくて滑らかであろうが、突発的な大きな変化を誘発するいくつかのタイプのそれは旗を掲げる可能性があります。

しかし、それは単なる一例であり、飛行機を非平面的に変化させる例の上げ下げ操作では間違いなく欠けてしまうでしょう。歳差運動の速度の変化として現れるかもしれないが、軌道がすでに高かったり、中心体が低かったりする可能性がある。

Question: Is there a more generalized way to do
this based on Keplerian element analysis (extracted from state
vectors) without getting into orbit propagation via numerical
integration? Is there a formalized approach to this already?

私は質問の状態ベクトルのより高い派生物(相違)の突然の変化を探してみました。ステーションがどのような操作をしているか、または単にデータに不具合がありますか?
(SOHO via
Horizo​​ns)
が見つかりました。しかし、私が見つけたのは、伝搬された軌道の異なる部分がつながっているグリッチアーチファクトでした。

enter image description here

above: Teaser GIF to get you to enjoy the real thing here
(since even the low-res version is larger than the Stack Exchange
imgur’s limit of 2 MB MiB)

ベストアンサー
申し訳ありませんが、適切な答えはありません

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です