伝統的な燃焼エンジンをサポートする雰囲気がありますか?

私たちが月に伝統的な自動車を着陸させた場合、燃焼機関には酸素がなくなり、明白な理由から機能しません。私たちが陸上移動の主な方法(燃焼エンジン)を再考しなければならないところの惑星陸生体が存在するかどうかは疑問だ。

私は、答えが熱的な問題ではなく、
“惑星は水であり、運転する面はありません”のような雰囲気の組成に主に焦点を当てたいと思います。私は本当にどのような雰囲気があれば燃焼エンジンをサポートするのか興味があります。
(E.G.大気中のCO2の量が多すぎると、50%の効率でしか機能しません)。

これは「ローバーで燃焼エンジンを使うべきか」という質問ではありません。それはもっと重要なことです…それをサポートする惑星を発見しましたか?


Trappistには、A-Gの惑星のいずれかが従来のICEをサポートできるかどうかについての重要な情報はありますか?

ベストアンサー

短い答えはいいえ –
内燃機関は空気を作動させるために空気から酸素を引き出す必要があり、ソーラーシステムの固体にはそのような雰囲気がありません。

金星の雰囲気は、ほとんどが少量の窒素を含む二酸化炭素です。どちらも燃えません。

火星は、同様に、ほとんど不活性雰囲気です。酸素の痕跡がありますが、それは地球上にある酸素の分圧の約1/20000にまで及んでいます。おそらく燃焼エンジンを稼働させるには十分ではありません。

興味深いのはタイタンです。話す酸素はありませんが、炭化水素は大気の数%を占めています。酸化剤のタンク(液体酸素またはNTO)を車に持ち込んで、大気中のメタンで燃焼させることができます。これは、地上ICEの仕組みとは逆の方法です。妥当な量のパワーを得るためには、かなり腐食性の高い排気ガスを作るために酸素が豊富なものを使用しなければならないかもしれませんので、材料を慎重に選択する必要があります。既存の自動車エンジンそれまたは何かに。

Evan Steinbrennerは次のように述べています。地球規模の窒素 –
酸素ガス混合気を持つ他の太陽系では、多くの惑星が存在する可能性があります。しかし、このような雰囲気がどれほど共通しているかは、現在のところわかりません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です