クロコダイルと喫煙者の両方がAlabastaの人工雨粉を使用しましたか?

マンガを読んでアニメを見直すことで、私はこの結論に達しました –
雨はAlabastaで3年間は落ちませんでしたが、それ以前は首都でのみ行われ、周辺地域では行われませんでした。
人工雨粉を使用すると、使用される場所が平均以上の雨量を得て、近くの地域には何も得られません。
誠意をもって、王が粉を使用していなかったこと、またはそれについての知識がなかったことを知っていたので、クロコダイルが隠れた場所からそれを使用していた可能性があります。雨が降っていないという3年間は、自然の天気が再構築され、ワニが倒れたかどうかにかかわらず、それでも雨が降っていたでしょうか?

そして第二に、喫煙者が戦闘後に船から人工雨機を使用した場合(尋ねられたときに彼が言ったようにそれが当てはまるかどうかを知ることができなかったが、決して法律を破ることはないだろうが、背中)、彼はどのように島全体を雨にすることができましたか?

ベストアンサー

ワニは雨の粉を使って気候をコントロールし、雨が王国に降るのを防ぎましたが、首都は雨を独占するために雨の粉を使っていたようです。クロコダイルは197章でコーザを罵るときにこれを認めます。

その後、クロコダイルが倒れ、雨天船が捕獲され、雨が再び降り始めました。

喫煙者が雨草を使用したかどうかは明らかではなく、元の日本語のテキストにアクセスすることはできませんが、インターネットスキャナーとブラジル版ワンピースの212章からナレーションを確認すると、王国に降った雨は、もう何もそれを防止していなかったので、ついに雨が降る自然な恵みでした。それで、喫煙者が雨を引き起こすために雨の粉を使わなかったことは理解できます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です