Apolloトレーニングシミュレータcgiの要件

https://ohiostate.pressbooks.pub/graphicshistory/chapter/13-4-nasa/
says that cgi was used for Apollo trainers. I just want to know the
quality of this cgi.

最新のコンピュータは、200gflopsと100fpsの2560ラインで動作します。
Apolloの映像は320行と10fpsです。だから、640倍少ない計算量。
1968年のコンピュータは5mflopsだったので、Apolloのためにリアルタイムで写実的なレンダリングを行うには、約50台が必要になると思います。

Apolloトレーニングシステムはcgiだけに依存していた可能性があり、他の手法を独占的に使用したり、cgiとカメラやモデルなどの他の技術を組み合わせて使用​​することもできました。彼らがcgiを使用していた場合、そのcgiの品質はどうでしたか(解像度/フレームレート)?

ベストアンサー

私は、あなたの情報源がこの点では間違っていると思います。

As far as I know, there was no computer generated graphics (in
the modern sense of the term) in Apollo-era simulators.
Motion-controlled cameras were used with models and projections to
synthesize views optically — under computer control, but not as
digital renderings. EDIT: As JCRM notes, the Lunar Module
Procedures Simulator (distinct from the Lunar Module Simulator) did
have an “electronic image generator” which could produce crude
polygon renderings.

デジタルアポロによると、主なミッションシミュレータはそれぞれ:

コンピュータ、宇宙船のハードウェア、映画プロジェクター、モデル、アナログビデオ機器の巨大な「電車の爆破」で構成されています。

ミッションシミュレーターは、ミッションの際に窓の外側のビューを合成するための広範な光学システムを備えた巨大なデジタルコンピューターによって実行されました。

「月のミッションシミュレーター」(LMS)は3つのメインフレームコンピューターを実行し、5トンのガラス製のレンズ、ミラー、プロジェクターを搭載して着陸シーンを正確に再現しました。宇宙飛行士は、目撃のランドマークを練習し、コンピュータにデータを入力し、約12,000フィートからタッチダウンまでの着陸をシミュレートすることができました。パイロットが「飛んだ」と、LMの動きのコンピュータモデルは、直径が1:2000のスケールで、月の地形の物理モデルよりも小さいカメラを指示しました。ジオラマ上のカメラを着陸点までまっすぐに飛ばした。

宇宙プログラムのシミュレーション技術の歴史はまだ書かれていませんが、リアルタイムのコンピュータグラフィックスの作成に先立って、仮想現実の創造がどのように先行したのかを示します。

月の表面モデルとカメラリグを示す動画です。

@Uwe notes that computer graphics pioneer Evans & Sutherland was founded in 1968;
one of their first products was a vector display processor called
Line Drawing System 1 and was delivered
after Apollo 11 had already flown; motion-controlled camera systems
would have been much more practical and higher-fidelity at the
time. This is LDS-1:

enter image description here

実践された目は、実際のアポロ映像とは区別されるレンダリングの微妙なアーティファクトを識別します。

映画のアポロ13には、シムキャビンからの景色とターゲットモデルに向かって移動するカメラとの間のすばらしいカットを持つ、移調 –
ドッキング –
抽出操作のシミュレーションにおけるそのようなカメラシステムを特徴とするシーンがある。残念ながらYouTubeでその特定のシーンを見つけることはできません。

NASAの文書アポロ体験レポート:有人宇宙飛行のシミュレーションCrew
Training
は、さまざまなシミュレータシステムの設計と機能をかなりよくカバーしています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です