Authorize.netではサイレント投稿URLのクエリ文字列を許可していませんか?

定期的な支払いに関して、authorize.netがCiviCRMに返信することはできません。

In talking with authorize.net folks and they pointed out that
query strings are not allowed to be used in the Silent Post URL:
https://support.authorize.net/s/article/Why-Are-My-SIM-Relay-Response-Transactions-Timing-out-After-Submitting-the-Request

query string dissallowed

しかし、CiviCRMのドキュメントはWordpressのためにあなたはクエリ文字列を使用する必要があると言う?
https://docs.civicrm.org/sysadmin/ja/latest/setup/payment-processors/authorize-net/
WPサイレント投稿URL
私たちはログを調べ、authorize.netがCiviCRMに通信していないことを確認しました。定期支払いのトランザクションIDがありません。

誰がここにいるのですか?また、authorize.netでWPとCiviをうまく使っている人はいますか?

サーバーがTLS 1.2経由の接続をサポートしていることを確認しました。

WP 4.9.4およびCivi 4.7.30

ベストアンサー

この犯人はiThemes Securityプラグインでした。
IPNが登録されないように403禁止されたエラーが発生しないように、無効にする設定を以下に示します。

禁止されたユーザーの下で

  • ハック修復のデフォルトブラックリスト

システムの調整

  • 疑わしいクエリ文字列
  • ロングURL

私はまた XML-RPCをWordpress
Tweaksの下で有効にする
を有効にしました。私は以前PayPalからIPNの故障が発生していたので、これも有効にすることが賢明だと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です