私はChebyshevを綴ることをほとんど学んだのですが、なぜJP4がDE438のHermite補間に切り替わったのですか?

According to @ChrisR’s thorough
answer

ただし、DE438の補間はエルミート補間であり、Chebychev補間ではないため、コードを更新する必要があります。

JPLの開発エフェメリスは、1960年代から何らかの形で存在しています。私が正しく理解していれば、通常、(最近まで)常にそうでない場合、これらの変数と「スパイスカーネル」は、連続状態ベクトルを生成するためのチェビシェフ多項式補間係数を常に含んでいます。空間内の物体や物体の軌跡。

Question: Why would DE438 be released using a
different class of polynomials (Hermite) for its interpolation?

fyi #1: I’ve tried Skyfield using data =
load('de438.bsp')
and it seems to work, so perhaps at least
some existing ephemeride readers are already compatible with
both?

fyi #2: according to this answer
:

(エフェメライドは)ɛfɪmɛrɪdiːz/(「effih-MERRh-deez」と発音されますが、一部のスピーカーは「effuh-MERRuh-deez」と同じです)。

ベストアンサー

それを見ていない。私は de438.bsp をダウンロードしました。実際には位置多項式のみを使用します。
(あるいはチェビシェフ、チェビシェフ、Chebysheff、Chebychov、Chebyshov、Chebycheff、チェビシェフ、Chebyschef、Chebyscheff、Tchebyshev、Tchebychev、チェビシェフ、Tchebychov、Tchebyshov、Tchebycheff、Tchebyschev、Tchebyschef、Tchebyscheff、Tschebyshev、Tschebychev、Tschebysheff、Tschebychov、Tschebyshov、Tschebycheff、
Tschebyschev、Tschebyschef、またはTschebyscheff多項式)。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です