ColorBotプログラミング第3回

あなたがこのラボの別の部屋に入ると、奇妙な教授は、「最後の1つの今、このボットは少し良くなっていますが…
…すみません… “教授は部屋から脱出し、彼の助手と言葉でいくつかの怒りの言葉を分かち合っています。

返す、彼は言った:
“このボットは、シャットダウンパネルを破った。私は助手席のリグをパネルを再起動するボタンを持っていた…と彼は何らかの理由で迷路の真ん中にそれを置く。これで、左の緑のダイヤルはLでロックされ、右の青のダイヤルは2でロックされます。

「ボットを左上から右下にどのようにして壁に当てるのか把握できますか?途中で途中でボタンを動かす必要があることを心に留めておいてください。あなたはそこで止める必要はありません。

enter image description here

“これらのダイヤルは、ボットの動きの仕方を設定しています。ボトムにカメラがあります。オンにすると、自分のスペースの色をチェックし、その色のダイヤルに従って移動します。左のダイヤルに基づいて[L]
eft、90度[R]
ight、または[F]往復を続け、右ダイヤルに表示されているスペースの数を1つ、2つまたは3つのスペースに移動します。マッチしたダイヤルグリッチもこのモデルにありますが、2組のダイヤルが正確に一致すると、まったく動かないでしょう。

ベストアンサー

私は写真を手に入れようとしていますが、これはコンボです。

パープル:F1  緑:L2  オレンジ:R2  赤:L3  シアン:F2
 黄色:L1

画像:

enter image description here

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です