DAG上のNP困難な問題の指摘

無向グラフ上のNP-Hard(最大の重みに依存しない集合とグラフの色付け)の問題がありますが、ツリー上で解ける多項式時間です。ツリーの分解は、ツリーとツリーとの間の地面について、トレイドの概念を持つ無向グラフについて話す良いツールです。グラフが拘束された十字グラフに緩和されるとき、それらは多時間の解を与える。

グラフが向いているときは、DAG幅、D幅などの概念がありますが、DAGでは強くNP-Hard、ツリー上では弱くNP-Hardという問題があります。私は、DAGと樹木の間に何があるのか​​を見たいと思いますか?

DAGとツリーの間に地盤を定義するという考え方があります(有界なtreewidthグラフはグラフとツリーの間にあります)。

I need some pointers if available. I am currently at treewidth
generalization for directed graph in this paper.

ベストアンサー
申し訳ありませんが、適切な答えはありません

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です