飛行計画の場合、予報天気は、ETAの前後、またはETAで1時間以上必要ですか? (EU-OPS)

EU- OPS

CAT.OP.MPA.185 IFRフライトの計画最小値 – 飛行機

     

(a)離陸代替飛行場の計画ミニマム

     

    

オペレーターは、適切な天気予報および/または
    予測は、1時間前に始まる期間中
    到着予定時刻の1時間後に終了する
    飛行場、気象条件は該当する以上になる
    CAT.OP.MPA.110に従って指定された着陸最小値。ザ
    唯一の接近作業
    利用可能なのは、非精密アプローチ(NPA)および/または旋回
    オペレーション。 OEIの運用に関連するいかなる制限も講じなければならない
    

  

     

(b)孤立した目的地の飛行場以外の目的地の飛行場の計画最小値

     

    

演算子は、     目的地の飛行場:

         

      

(1)適切な天気予報および/または
      予測は、1時間前に始まる期間中
      到着予定時刻の1時間後に終了する
      飛行場、気象条件は該当する以上になる
      次のようにミニマムを計画する:

      
      

        

(i)CAT.OP.MPA.110に従って指定されたRVR /可視性(VIS)。

        
        

(ii)NPAまたは旋回操作の場合、MDH以上の天井;

      

      
      

または

      
      

(2)目的地の代替飛行場が2つ選択されています。

    

  

  
  (c)目的の代替飛行場、孤立した飛行場、燃料経路の代替(燃料ERA)飛行場、飛行場代替(ERA)飛行場の計画最小値  
  

    

演算子は、
    これらの目的の1つとして、適切な天気
    報告書及び/又は予測は、
    到着予定時刻の1時間前と1時間後
    飛行場、気象条件は計画以上である
    表1の最小値。

  

     

[…]

一方:

CAT.OP.MPA.245気象条件 – すべての航空機

     

(a)IFRフライトでは、指揮官のみが次のようになります:

     

    

(1)離陸を開始する。または

         

(2)修正されたATS飛行計画の出発点を超えて継続する
    機内再販の場合に適用されます。

  

     

情報が   利用可能な天候の状態を示している
  目的地及び/又は必要とされる代替飛行場において、   計画ミニマム以上です。

     

(b)IFRフライトでは、指揮官
  最新の情報が入手可能な場合、目的地飛行場を計画する   予想される到着時刻に、天気
  宛先の条件、または少なくとも1つの宛先代替
  適用可能な飛行場の最低運航距離以上であること。

     

(c)VFRフライトでは、指揮官は次の場合にのみ離陸を開始します。
  適切な天気予報および/または予測は、   飛行する経路の一部に沿った気象条件
  VFRの下では、適切な時点で、VFR制限以上になるでしょう

     

CAT.OP.MPA.246気象条件 – 飛行機

     

CAT.OP.MPA.245に加えて、IFR飛行機の飛行機では、指揮官は次の範囲を超えて継続します:

     

    

(a)削減された緊急時燃料(RCF)を使用する際の決定点は、     手順;

         

または

    
    (b)所定のポイント(PDP)を使用するときの所定ポイントは、
    手続き  

     

情報が入手可能で   天候、到着時、目的地、および/または
  必要とされる代替飛行場は該当するかそれ以上である   飛行場操作の最小値。

ETAの予測が最小値を上回っている場合、またはETAの1時間からETAの1時間までの期間の予測が最小値を上回る必要がある場合、オペレータの飛行の指揮官は飛行を開始する必要がありますか?

ベストアンサー

  • ETAの前後1時間と飛行計画のための最小限の計画を上回る気象と代替要件を決定する(2つの代替と1つの比較)。
  • 飛行開始のためETAで計画最小値より上の気象。
  • 継続的な飛行のためにETAでの運行最小値以上の気象。

あなたはそれを考えることができる1つの方法:ETAのコックピットの天気です。ブリーフィングルームの天気は1時間前後です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です