ffmpegのsilenceremoveフィルタがAdobe Auditionとどのように相関するかを理解する

私は、ffmpegが入って来るところから、先頭から末尾までの無音をトリミングしたいという、たくさんのオーディオファイル(4000以上)を持っています。

例えば、画像の下で、私が使用しているコマンドは

$ ffmpeg -i input.mp3 -af silenceremove=1:0:-63.563dB:1:0:-63.563dB output.mp3

enter image description here

このコマンドから、-63.563dBは、2番目のサウンドバースト(赤でマークされている)を削除しないレベルの高さです。例えば、-63.564dBを入力すると、その部分が削除されます。
ffmpegのヘルプコマンドはそれほど役に立たなかったので、試行錯誤してその数を見つけました。

ですから、私の質問は、その数字(-63.563dB)は、Adobe
Auditionの垂直ルーラー上のマーカーにどのように関係していますか?そして、それ以外のものは、先頭と末尾の無音と、非常に短い音の響きだけを取り除くために何を入れることができるのですか(それ以上0.01ミリ秒)

ベストアンサー

私はこれのようなffmpegを使ったことはありませんでしたが、フィルタドキュメントで素早く見つけましたが、具体的には silenceremover
とすぐに私は検出システムに気づいたデフォルトはRMSです。多分、これはdB値に関する混乱がどこから来たのかです。
peak
に切り替えてみてください。それはあなたが望むより多くの方法でうまくいくはずですが、それがあなたのために良いかどうかは分かりません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です