GDPR – 設定の更新/忘れ

WordPress 4.9.5/CiviCRM 4.7.31/GDPR拡張2.1

GDPR通信設定ページ(Vedaの拡張機能を使用)にトークンを渡すにはどうすればよいですか?

私はコミュニケーションの嗜好のリンクが働いています(エクステンションのコントロールパネルではフォーマットされていません。私はそれがDrupal/WPのものだと思います)。

https://yoursite.org/civicrm/?page=CiviCRM&q=civicrm/gdpr/comms-prefs/update

どちらがうまくいくか(私がログインしているとき)しかし、匿名ユーザーとして訪問すると空白のページが表示されます。私はすべての連絡先に詳細を再入力するように頼むことができましたが、エラー/複製/ドロップアウトの範囲はこれを理想よりも小さくしています。

プロファイルを更新するためにトークンを送信するように電子メールをフォーマットすることはできますが、GDPRの同意の日付/データを受け取ることはできません:

https://yoursite.org/?page=CiviCRM&q=civicrm/profile/edit&reset=1&gid=profileID&id=userID&cs=checkSum

これらのトークンを試して渡すと空白のフォームが表示されるので、userIDを取得せずにdbから関連するデータをロードします。

https://yoursite.org/civicrm/?page=CiviCRM&q=civicrm/gdpr/comms-prefs/update&id=userID&cs=checkSum

私はこれが可能だと確信しています(トークンを組み込んでこの関数を提供する必要があります)。しかし、組み込みのトークンは有効なリンクやURL(実際には何か)を生成しないようです。

{contact.comm_pref_supporter_link}

{contact.comm_pref_supporter_url}

私は{contact.checksum}を含めることができ、HTMLとして電子メールをプレビューし、チェックサムを見ることができますが、comm_prefトークンは{contact
….}

誰かがトークン化された有効な通信設定ページを投稿できるのであれば、私はおそらく何かをリバースエンジニアリングすることができます。

もう一度、Drupal/WP関連または他の欠けている依存関係があるかどうかわからないのですか?

ベストアンサー

I had a similar issue and posted here: https://github.com/veda-consulting/uk.co.vedaconsulting.gdpr/issues/50

私はなぜトークンが私のために働いていないのかを知る機会はありませんでしたが、手動でトークンを追加できます:

https://example.org/wp-civicrm-basepage/?page=CiviCRM&q=civicrm/gdpr/comms-prefs/update&reset=1&{contact.checksum}&cid={contact.contact_id}

example.orgをドメインに、wp-civicrm-basepageを使用している基本ページ用のスラッグに置き換えてください。

アップデート:バージョン2.2の拡張機能がトークンの問題を修正しました

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です