なぜGTOはバイコヌールを北東に打ち上げるのですか?

この記事では、
a>ディスカバー誌から、バイコヌールから発射されるほとんどのロケットの飛行経路は、
アルタイ地域を通過します(これは多量の使用済みハードウェアがAltaiに落ちているという副作用がありますが、それは問題の記事の主な焦点です)。しかし、これは、バイコヌールからのロケットがかなりの北向き成分で軌道に乗ることを必要とする(バイコヌールは緯度+45.965度、アルタイの最南端は+
49.07度)。これは、例えば、ISSへの立ち上げ(傾き+51.64度)に意味があります。しかし、バイコヌールの打ち上げの大部分は代わりに静止東進軌道(傾斜+0度)に向かい、東方発射が最も効率的な軌道であり、東向きではなく北東向きは逆効果である。後で否定される。

なぜバイコヌールからのロケットはGTOの打ち上げのために、東向きではなく北東に向かうのだろうか?

ベストアンサー

なぜバイコヌールからのロケットは、

A quick look at a map shows that if you
aim any further south than Altai you risk dumping your space junk
in China and Mongolia. China in particular probably wouldn’t like
that, so I’m guessing they steer well clear.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です