「Hyperspaceのアビス」のマンガと映画の関係は?

アニメを見たとき、Light Novelシリーズの Miniskirt Space Pirates
に基づいていることがわかりました。しかし、恐怖心の深淵と呼ばれる続編映画も予定されていた。

ユリコンのウェブサイトを見ているうちに、 Bodacious Space
Pirates:Hyperspaceのアビス
Vol。 1
となります。

だから私はマンガと Miniskirt Space Pirates:Abyss of Hyperspace
のマンガと映画の間に何が関係しているのだろうか?彼らはお互いに適応しているのか、それとも彼ら自身のメディアを続けているのですか(マンガは映画がアニメに続く間に小説に従います)?

ベストアンサー

ハイパースケープの深淵の場合、マンガは映画の脚本です。

Wikipedia mentioned about this in a
brief,

千葉丸が描いた映画の漫画化は、2014年2月からMedia FactoryのMonthly Comic
Aliveで連載を開始しました。


しかし、マンガとアニメの連続性の混乱は、アニメが元のソース(ライトノベル)の進歩を追い越したために発生する可能性があります。

日本語Wikipedia

原作の第3巻がまだありがたくじじかなくきていない時期にアニメ化の企画が動かし始めた、第1話から第18話までは原作の第1巻から第3巻までに準拠した内容とだから、第19話以降は時系列的に現時点ではアニメオリジナルエピッドとなっている(原作10巻巻末時点で、まだ2年目の6月末)。また、当初は2011年後半に放送が予定されていますされていたものが2012年にずれこんだ。そういった時間的余裕もあり、第1話の放送前に全26話の制作を完了した。制作に余裕を持って状況も、レコードのような異色の展開や実験に寄与している。原作のスペースオパラ的側面はやや薄められており、異星人的な種族などは登場しない。最も古くの海賊が存命しているなど、原作の要素は残ってい、アニメ版からの逆輸入設定も有る。

     

オリジナルソース(光小説)の第3巻が要約のみだったときにアニメの制作計画が開始されようとしていたので、エピソード1-18はボリューム1-3に基づいており、エピソード19以降はアニメ現在の時代を元にしたオリジナルストーリー。しかし、放送は2011年後半に開始される予定だったが、2012年まで延期された。時間制限のため、エピソード1が放送される前に全26エピソードの制作が終了した。さらに、時間の余裕は、生産が異なるプロットの開発と実験に貢献することを可能にした。元の音源からの「宇宙オペラ」の感覚は減少し、異星人のような人種は導入されなかった。しかし、最も古くからの海賊が生きているということについては、元のソースからのプロットはまだ残っていますが、アニメの設定の一部もライト・ノベルに適応しています。

要約する:

  • 小説は漫画に、部分的にはアニメに適用されました。
  • 光の小説がまだ進行中の間、元の物語でアニメが続きました。
  • 映画はアニメを続け、新しいマンガがそれに適応しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です