離陸/周回時の可変ispロケット(VASIMR)の最適推力対isp

この質問は当初Kerbal Space
Programの演奏からインスピレーションを受けましたが、より一般的な答えを求めています。

私は、 VASIMRを使用して、KSPの優れた Near Future
Propulsion
モードを演奏してきました。
エンジン。
VASIMRエンジンには可変推力があり、深い宇宙旅行に適した低推力高ispオプション、小型太陽系体から持ち上げるのに十分強力な高推力低ispオプションがあります。

離陸のどの段階で、高い推力から高いISPに切り替えるのが最適な状態になりますか(デルタVの点で)?最適な変化は徐々に起こるのか突然起こるのか?

私の直感は、地上または軌道周回軌道上にいる限り、軌道に入るにはできるだけ早く加速しなければならず、一度軌道に乗ると低推力高さispに切り替える必要があります。私には明らかではありませんが、かなり軌道ではなくわずか数m/sの軌道に乗ると、切り替えが突然起きるか緩やかになるかが決まります。私は、エンジンの仕様に応じて最適なデルタ-Vの使用法を説明する曲線があると思う。

ベストアンサー
申し訳ありませんが、適切な答えはありません

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です