なぜISROのエスケープシステムが遅いのですか?

I’ve just watched a video of the recent test and one thing
I noticed is that comparing to other LES, like Mercury, Dragon, Soyuz, it looks really sluggy – like it
has like 1.3-1.5 TWR. For pad abort, the LES should act quickly
enough to get the crew a safe distance away before the rocket
explodes. For in-flight abort good TWR is even more important, as
the main boosters may be firing (and out of control) so it
definitely must be higher than TWR of the rocket core
without the payload – otherwise it won’t even
separate!

この試験について私が忘れた何かがありますか?映像はスローモーションで動きますか?非常に重い質量シミュレータ?または、私はLESの要件を誤解していますか?

ベストアンサー

公式ビデオは、起動エスケープシステムのスローモーションでの発火を示すように見え、残念ながら、参照用のタイムスタンプは含まれていません。点火時の排気/粉塵の動きと照明の変化がこのことの証です。

バック・オブ・ザ・エンベロープの数学では、加速度は約10gで、バックアップされていることが示されています。ここに(ただし、レポートの文言はそれを推測以上のものに見せかけていますが)–isros-future-space-flight-related-humans/

ISROのサイト
には、いくつかの打ち上げ番号についての説明がありますが、アクセラレーションについては言及していません。

このパッドテストはアナウンス地上追跡装置に関するさらに詳しい情報があります。

言及したように、LESは発射車そのものを突破することができない場合、またはランチパッド上で爆発を起こすことができない場合に限られているため、高いTWRが不可欠です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です