ISSが地上局とのエンドツーエンドの光通信に使用するGEO中継衛星は何ですか?

NASAの LEMNOSページ gov/”rel =” nofollow
noreferrer “>爆発と宇宙通信のサイト:

統合されたレーザー通信リレーデモ(LCRD)低地球軌道(LEO)ユーザーモデムとアンプ端末(ILLUMA-T)は、国際宇宙ステーション(ISS)エンドツーエンド光通信システムを提供します。

私が正しく理解すれば、このデモンストレーションでは、ISSとなり、もう一つは地球上にあるでしょう。パラグラフは続きます:

ILLUMA-Tは、宇宙ステーションに、同等の無線周波数通信システムよりもサイズ、重量、電力が向上した最新鋭の光通信端末を提供します。

ベストアンサー

ILLUMA-Tは、LCRDの飛行セグメントのペイロードとSpace Test Program
Satellite-6(STPSat-6)で動作します。 この文書の第4ページからスキャンをご覧ください。

enter image description here

LCRDのデュアル光リンクシステムは、次世代宇宙中継システムでの光通信のデモンストレーションの第一歩となり、低軌道(LEO)端末の早期運用を可能にします。また、LCRDは、実験者が光通信の大気影響を特徴付け、大気モデルを検証することを可能にする。
LCRDは、地上と宇宙で使用するための手頃な価格の光通信システムとコンポーネントを製造するための業界の能力を高めつつ、光通信技術を深層および近地球の両方の運用システムに注入するよう進めていく予定です。

STPSat-6は、をAtlas V に追加してください。

基本的には、複数のテストプログラムが連携して、さまざまな部品をできる限り適切な場所に配置します。おそらくプロジェクト管理の悪夢です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です