Lagrange Pointsの代わりにLEOに非常に多くの宇宙望遠鏡を設置しているのはなぜですか?そしてなぜ我々はどんなランゲランジ – オービット望遠鏡よりもハッブルについて聞いていますか?

さまざまな宇宙機関が立ち上げたすべての宇宙望遠鏡の一覧を以下に示します – 宇宙望遠鏡の一覧列挙された望遠鏡のほとんどは、低軌道(約95%)に配置されています。私たちの地球が大量の赤外線を放射するような多くの明白な理由のため、おそらく望遠鏡を設置するのに理想的な場所ではありません。教授によるとマイケル・メリフィールド
“それはすべてのライトをオンにして天文学をする”

ここに、ラグランジュポイントに置かれたすべてのオブジェクトのリストがあります – ラグランジュポイントのオブジェクトのリスト。これらのポイントには10​​個のオブジェクトはほとんどありません。これらのオブジェクトの寿命はかなり低いですが、確かにこれらの軌道には多くの今後の任務があります。最も有名なものはジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡

enter image description here.

JWSTはL2ラグランジュポイントに置かれます。これは将来の多くの望遠鏡ミッションのための選択の唯一の軌道であることがはっきりと分かります。最終的に私はいくつかの質問があると結論づけました。

なぜ多くの利点があるにもかかわらず、ラグランジュポイントには非常に少ない望遠鏡があるのですか?それは予算に関連する問題ですか、それは十分に実現可能な規模ですか?ラグランジュポイントにはいくつかの天文台があり、それらについてほとんど聞いたことはありません。ハッブル宇宙望遠鏡とは異なり、最も成功し、最も重要な人は多くの人によって創造されました。すべての将来の宇宙望遠鏡は、ラグランジュポイントに基づいていますか?

ベストアンサー

ラグランジュポイントに設置された宇宙船が非常に少ない理由は、そこに行くのがもっと難しいからです。大規模なペイロードを地球の脱出速度に向けて発射するには、非常に大きな車両が必要であり、多くのミッションでは実用的でない/不可能です。

例えば、打上げ時に、いいえ打ち上げ車両が運転中でしたGeostationary_transfer_orbit
“rel =” nofollow noreferrer
“>静止軌道転送軌道
単なる速度を逃れることはできません。

さらに、L1、L2および点の周りのハロー軌道は、擬似的に安定しているだけなので、ステーションキーピングを継続する必要があります。
JWSTの場合、年間約2-4m/sと予想され、〜10年

他の望遠鏡との比較

なぜ我々はどんなランゲランジ –
オービット望遠鏡よりもハッブルについて聞きました。ハッブルについては、他の宇宙船より事実上聞こえます。これは、Hubbleが近紫外および可視波長で動作するため、多くの
PR価値のある素材。そのよく知られている歯の問題はおそらくハッブルの公的イメージにも役立ちます。コメントで指摘されているように、ハッブルはLEOにいなかったが、光学を修正する救助任務は可能ではなかっただろう。

これを他の天体観測所と比較します:

チャンドラX線天文台(非常に楕円形の地球軌道上)、NASAの別の偉大な天文台の優れた長い歴史を持つ発見の歴史は、科学界に貴重なデータを提供してきました。その唯一の欠陥?それはX線の波長において(明らかに)動作し、その観察はしばしば写真作成に掛からない。

The Herschel Space Observatory which operated
at the Earth-Sun L2 for 4 years also provided vast amounts of
invaluable data – producing 152 scientific articles in its
first year first few months. However in
2013 its supply of helium coolant ran out and it was
decommissioned.

近年ハッブルに挑戦する唯一の望遠鏡はケプラーですが、
em>>はである(ただしラグランジュポイントではない)。その発射質量は〜1000kgで、その能力を制限するハッブルの
1/10 未満です。

未来

将来の展望台はラグランジュポイントを使用しますか?可能であれば、打ち上げの制約は今日もなお存在しています。
JWSTは間違いなく標準ではなく例外です。 Ariane 5ランチャーの機能の中でちょうど を超えてほとんどの展望プログラムの夢

非常に有益なコメントからいくつかの追加情報を追加しました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です