Logrankは極限行列を許した?

If we have a $0/1$ real rank $r=O(n^{c})$ size
$n^k2^{n^{c’}}times n^k2^{n^{c’}}$ matrix with all rows and
columns distinct with maximum eigenvalue $leq
n^{k’}2^{n^{c’}-sqrt n}$ for some $1<2c’0$ then this violate
the logrank conjecture as Discrepancy seems to be bound above by
$Obig(frac1{n^alpha2^{sqrt n}}big)$ at some $alphainBbb R$
and $sqrt n$ is $r^{1/2c}$ which would imply communication
complexity of the matrix would be $Omega(r^{1/2c})$.

logrank推測が真であれば、行列に$ { – m_1、 dots、m_2 }
$からのエントリがあり、われわれが知っている最良の構造があれば、そのような行列の許される最大固有値はどれくらい小さいだろうか?

ベストアンサー
申し訳ありませんが、適切な答えはありません

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です