PHP 7.2にアップグレードした後の “mcrypt”メッセージの処理方法

私のCiviCRMステータスページで、CiviCRM 5.3.0、PHP 7.2から5.6へのアップグレード、OSのDebian
8からDebian 9へのアップグレード後に、次のメッセージについてどうしたらよいですか?

PHP拡張モジュール “mcrypt”がありません。あなたのPHPには
  推奨される暗号化機能一部のパスワードは保存されません
  暗号化されていて、最近PHPからアップグレードした場合
  これらの機能を含めると、暗号化されたパスワードは   正しく復号化されます。
PHP 7.0以前を使用している場合、おそらく
  ”mcrypt”拡張を含めたいとします。

PHP
7.0にダウングレードするのではなく、私がこの拡張機能を必要としているかどうか、以前に使用していたかどうか、そして暗号化の面倒を見るためにできることはどうすればわかりますか?
PHP 7.2を使用している場合は、このメッセージを無視してもかまいませんか?
7.1で廃止され、7.2で削除されたので、何か他のものを使用できますか?

PECLライブラリをインストールしようとすると、私は次のようになります:

php-mcrypt:依存する:php7.2-mcryptしかし、それはインストール可能ではありません
  E:問題を訂正できませんでした。あなたは壊れたパッケージを保持しています。

私を捨てているのは、

「PHP 7.0以前を使用している場合」

とにかくPHP 7.0以前でなければ、どうすればいいですか?ありがとう!

ベストアンサー

そのメッセージの作者として、私はしようと明確にしよう…

mcrypt拡張子は、選択されたパスワードを暗号化するために使用されます。私が知る限り、「選択」されているのは通常、smtpパスワード(あなたが使用していなくてもよい)だけです。

メッセージには、あなたのPHPバージョンをアップグレードし、新しいバージョンにmcryptが含まれていない場合、あなたの暗号化されたパスワードは暗号化不能ではなく、再入力する必要があることを認識しています。

Civiはすべてのパスワードを暗号化せず、暗号化しないというのは恐ろしいことではありません(これらはユーザーのパスワードではありません!)ので、警告は混乱と遅延を避けるための便宜です。

mcryptがphpに含まれなくなったので、メッセージは更新されるはずです。

結論:それ以外の場合は7.2にとどまります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です