PHP 7+をサポートするCiviCRM 4.6.xのLTSリリース

組織が現在CiviCRM 4.6 LTS向けにカスタマイズされたカスタマイズに多額の投資をしている場合、PHP 5.6
EOLの場合、LivバージョンのCiviCRMを引き続き使用できますか? (2018年12月31日)、PHP
7+へのアップグレードが必要ですか?

ベストアンサー

この種の質問は、CiviCRMのようなオープンソースプロジェクトでは答えにくいです:-)あなたにこれを伝えることのできる「所有者」はありません。また、これを引き続きサポートできる有料の開発者グループもいません。私は答えが不可能な質問であり、今は間違った質問をしていると考えています。それは、大幅なカスタマイズを開始する際の考慮事項の1つでなければなりません。

このようなことはセールスマネージャーによって約束されたが、具体化されていない閉鎖されたソースの状況で働いていた。
「いいえ、あなたが使っている限り、このバージョンをサポートし続けます。そして、1年後、「このバージョンをサポートしなくなるので、あなたは本当にアップグレードしてほしい」と言います。

個人とCiviCRMコミュニティのメンバーとして、私は4.6バージョンをPHP
7と組み合わせて保つことには興味がありません。おそらく4.6を新しいPHP
7準拠のサブバージョンに変更し、それを生きのびさせることを意味します。それは私に生計を立てるためのスペースをほとんど残さないでしょう。しかし、それは私がこの問題に直面している組織のいない個人としてのみです。それは私の個人的な意見であり、それが不可能ではない、あるいは決して起こらないことを意味するものではありません。

しかし、これに興味のある大規模なグループがあれば、その資金を調達できる可能性があります。またはこれを利用したいパートナーを見つけます。だから私は他の人にもあなたの質問に答えるように強く勧めます!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です