受入れテストの構成(Specflow/Cucumber)

今私はBDDテクニック(スペックフローとキュウリ)でますます仕事を始めています。私は組織の構成について考え始めています
私が作成したプロジェクト/ソリューションを、将来私が何らかの方法で証明することを保証します。

たとえば、Sprint 1が始まり、spec
flow/c#を使用して受け入れテストを書くことにしました。その結果、我々は一連の特徴を構築する Sprint
1のすべてのユーザーストーリーを網羅したファイルと、そのポイントから自動で実行することができます。私が持っている質問は次のとおりです:

1)スプリント2が始まるとどうなりますか? Sprint
1で構築したソリューションに新しい機能ファイルとコードを追加し続けるだけですか?
各スプリントの機能を分離するために新しいサブフォルダを作成するだけですか?あるいは、これを行う別の方法があります。潜在的に、
システムの各領域のソリューションにサブフォルダを配置することができ、オートメーションスイートにそのように追加できますか?

2)命名規則に関して:
a)時間が経つにつれて、それぞれがシステムの異なる領域を見る膨大な量の機能を持つ可能性があるので、ソリューション/プロジェクトの推奨命名規則は何ですか?
機能の場合、これらの名前はユーザーストーリーのタイトルまたはIDに対応する必要がありますか?
b)6か月以内にこれらの受け入れテストを参照できる良い方法は何ですか?明らかに、ビジネスユーザーは望んでいないでしょう Visual
Studioプロジェクトを辿るためには、これらの受け入れテストをhtmlウェブページにエクスポートできるのでしょうか?

人々が持っているかもしれないアドバイスを感謝してください。

ベストアンサー

1)スプリント1を完了した後、すべてのスプリントは新しいバージョンの製品を提供するため、新しいバージョンをリリースする必要があります。また、シーケンシャルスプリントを完了している場合、あなたはまた、あなたのスプリントの範囲内で感じたすべての機能を完了している必要があります。したがって、新しいスプリントを持つということは、新しい機能を持つことを意味し、新しい機能ファイルを持つことを意味します

2)これは主観的なことです。これは、製品の複雑さと構造が何であるかによって異なります。
機能構造を整理する方法については、いくつかのアプローチが必要です。
BDDテストのためだけでなく、手動テストや開発、コードレポなどのために、任意のツールから他のツールへ簡単に参照できます(Story
in JiraをBDDフレームワークのテストに簡単にマップするなど)

将来的にテストに戻すことについては、テストタグ付けの巧妙なメカニズムがあるので、フリーテキストのみでテストにタグを付けることができます(たとえば、スプリント番号、フィーチャー、またはエリアにタグを付けるなど)現在のニーズを満たすタグで古いテストの範囲を設定します。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です