元SSメンバーのAlois Brunnerは、シリアが情報サービスを整理するようアドバイスしましたか?

Alois Brunner was a Nazi, member of the
Waffen-SS and assistant to Adolf Eichmann. After WWII he lived,
more or less well hidden, in western Germany until he went to Syria
in ’54, aided by the BND.

Wikipedia:
“シリアでは、彼は政府顧問として雇われました。彼の仕事の正確な性質は不明です。”ドイツのウィキペディアは、この文脈で何を意味するものであろうと、彼は
“ユダヤ人の質問”についてシリアの独裁政権にアドバイスされたと述べている。

今すぐこのテキストクレーム:

バフェット政権と遠くの権利の関係は、ハフツ・アル・アサドがアドルフ・アイヒマンのアシスタントであるアロイス・ブルナーを擁護した冷戦時代に戻る。ブルナーはアサドがゲシュタポとワッペンSSに基づいたモデルでバアステイ州の秘密サービスを再構築するのを助けるだろう。

…ソースを与えずに。

Brunnerがセキュリティサービスの構造と組織についてアドバイスした証拠はありますか?

これは私の古い質問に関連していますナチスとイラクのムカバラート

ベストアンサー

何が証拠とみなされますか?インターネットは彼に関する物語でいっぱいです。しかし、多くのニュース・アウトレットやスパイの個人口座、あるいはそのような代理店によって供給された人々に依存しています。それはすべて怪しいです。いついなくなった?複数のアカウントには不一致があります。疑似的な「公式の物語」は、現在、暗い源の正確なグループに依存しています。生物学だけが、おそらくもう生きていないと私たちに保証しようとします。

明らかに、彼は今死んでいる。良い。いついなくなった?

He died in 1996!

アロイス・ブルナー:ナチスシリアで家を発見した戦争犯罪家
  イスラエルの知性が少なくとも1980年代までは彼の所在を十分に認識していたように見えるが、Brunnerがどのようにして大陸から脱出し、シリアで終わったのかは完全に説明されていない。確かに、モサドは長年に渡って彼に手紙爆弾を送った。その結果、ブルナーは目といくつかの指を失った。
[…]
  ブルナーは1987年に悔い改められなかったナチスだった。シカゴ・サン・タイムズ紙に、彼はさらに多くのユダヤ人を殺したかったと語った。
  しかし、シリアでの彼の人生の詳細は未確認であり、神秘的です。
1996年にダマスカスで死亡し、適切な埋葬がなされたという報告が出されました。しかし、シリアを訪問しているドイツのジャーナリストは、2001年後半にダマスカスのメリディアンホテルで彼が生きているのを見たと主張した。

(これは、2つのドイツ連邦州が正式に捕獲に恩恵を申し立てた直後に出版されたことに注意してください)

彼は2010年に亡くなりました!

長きにわたり逃亡者シリアで4年前に死去、ナチスハンターは言う(2014)
  【エルサレム】ナチス大佐の指導者の一人は、世界最大の逃亡者の長男であるアドルフ・アイヒマンの上級幹部が少なくとも4年前にシリアで死亡し、正義を逃れ、政府に助言したと述べた。
[…]
  Wiesenthal
Centreは、2010年、または今年、彼がそれなしで逃亡者の年次リストを発表したときに、ドイツ人の捜査官がそれを報告したときBrunner氏の死を発表しなかった。
Zuroff氏は、Sunday Expressのお問い合わせのためだけに現れたと言いました。[…]

彼は2009年に亡くなりました!

JudenmörderAlois Brunner starb in Syrien
(2014)
  アロイス・ブルナーは、ナチス・レジーム・ハンダートハウゼン・ジュデン・イン・トッド・トッドにある。シリアンにはクリーク帝国、フォレーンにはゲイハイムディエンテストが半分派遣されています。必要なものはありません:Der
NS-Verbrecherは、Jahren totに該当しません。
  (最後の行の翻訳:ナチスの犯罪者は5年間死亡している)

いついなくなった?

SSMassenmörderBrunner – HerzlicheGrüßeAus der
Sonne
(SS大量殺人Brunner – 日の出からの挨拶)(2017)

彼は2010年に亡くなりました!

Eichmann’s Best Man Lived and Died in
Syria

The reported death of Nazi war criminal Alois Brunner, Adolf
Eichmann’s unrepentant “right-hand man,” reminds us how he lived a
long consequence-free life.
Over the weekend, the death of Alois Brunner, the world’s most
wanted Nazi, was all but confirmed by the Simon Wiesenthal
Center. Brunner, who was the top aide to “Final Solution” architect
Adolf Eichmann, is thought to have died four years ago in Syria,
where he lived for decades after sending nearly 130,000 Jews to
Nazi death camps during World War II.

Though the death was first suspected nearly four years ago, the
ongoing Syrian civil war made independent confirmation impossible.
Brunner would have turned 102 two years old on Monday.
Brunner’s presumed 2010 death is more than a surreal historical
footnote for a number of reasons. His story is not just one of a
mass killer who escaped, but rather a man who found a way to
continue killing long after he fled Europe. To put this all into
some context, I spoke with Deborah Lipstadt, a professor and
Holocaust historian at Emory University, about Brunner’s post-war
legacy.
“Brunner ended up in Syria, a regime in a place with less than
friendly relations towards Jews, with a human rights record that is
pretty despicable, and he participated,” Lipstadt told me. “He
didn’t just go fishing for the next 30 years. He participated and
apparently advised [former Syrian dictator Hafez] Assad.”
In a separate interview, Zuroff noted that while living in Syria under
the pseudonym Dr. Georg Fischer, Brunner had taught the elder Assad
how to torture. (In the ongoing Syrian Civil War, Hafez Assad’s son
Bashar has carried on this legacy of terror and
torture on an industrial and unfathomable scale.)

実際、待って、彼は2001年に死んだ!

エレンデンスEnde von Eichmanns
“Bluthund”
(2017)
  確かに、ブルナーは、2001年に政権の秘密サービスの地下室でアサド政権の囚人として死亡した。
…彼は最後に恐ろしい食べ物しか受け取らなかった…多くの叫んだ…最後の光狂的なナチの終わり…
Eichmannを捕まえるためのBrunner plottet …
  もっと若いアサドが引き継ぐまで、すべてうまくいく…

(注:Brunnerは、エルサレムからアイヒマンを再誘拐しようと企てていると言われています。)

ドイツの公式アカウント:

NS-Verbrecher Brunner starb 2001 in
Syrien

  元のアカウントは元のWebサイトから削除されています。Cue Shirley
Bassey
…)

So he escaped with the aid of the US and the newly formed BND,
owing him due to his former connection to the Organisation Gehlen
(or even later). He is said to have lived secretly in
Syria, aiding the government in building up a secret service, and
teaching them how to torture, and how to kill Jews.
Yet, journalists were capable of locating him numerous times over
the years, and he kept on giving photo interviews. It seems he
received a nice little pension from the German government for loyal
service. Address and bank accounts and Occupation seemed to be
quite widely known.

The government of Syria is not on record for an official
account. Only former Syrian secret service members talked about
their comrade, they did so with undisclosed identities. Can we
trust them? 1

The government of Germany is not on record for an official
account. Only former German secret service members talked about
their comrade, they did so with undisclosed identities. Can we
trust them?

ナチス・ブルナーが戦争の後にシリアに行ったのは、ナチスが何をしているのかをナチスにし続けていたということは、広く報告されている
20世紀の間、彼はシリアとドイツの政府機関によって保護されていました。正確に何がそこに続いたのですか?私は、非常におそらくいいことではないが、誰も本当に知っているわけではないということを誓います。

___

More sources, more examples of varying levels of
trutsworthiness:
Der lange Schutz für die Nazi-Täter
Warum tilgte der BND die Akte des
Eichmann-Helfers?

Why the Mossad failed to capture or kill so many
fugitive Nazis

Mitteilung der Forschungs- und Arbeitsgruppe
“Geschichte des BND” (MFGBND)

Well, is he really dead? Austria (and France) remained unsure in
2014: In Oesterreich bleibt Brunner vorerst auf Nazi
Kopfgeldliste

Nazi War Criminal Alois Brunner’s Presence in
Damascus Hits the Papers Again

Fall of Berlin Wall halted extradition of key
Nazi: report

Die Geheimhaltung der Eichmann-Akten durch
den Bundesnachrichtendienst

Österreich und die Flucht von NS-Tätern nach
Übersee

Oliver Schröm & Andrea Röpke: “Stille Hilfe für braune
Kameraden: das geheime Netzwerk der Alt- und Neonazis”, Chr. Links:
Berlin, 22002.

Georg Hafner、Esther Schapira、Die Akte Alois
Brunner。私はあなたの家に居るのが好きです。 Reinbeck bei Hamburg 2002、Burchard
Brentjes、Geheimoperation Nahost、Berlin 2001.

___

優れたジャーナリズムアカウントの2つがここにあります:

GéraldineSchwarz:「Die Nazis &und der Nahe Osten
“Welt am Sonntag、2015:

  エルフ軍のRauffのダメージ、Ende der 40er-Jahre、Klar、Dass er nicht
lange in Rom bleiben konnte。 Europa Erus musus raus ausヨーロッパ。
“博士Homsis “Auftrag戦争のチャンス。ドイツ連邦議会議員:ドイツ連邦議会議員、ドイツ連邦共和国の司法改革と憲法改正
  マーティン・クーパーズの歴史家、ロウフ、ロバート・ウィリアムズ、バイエルン・エデュレーター、マサチューセッツ工科大学、サンタ・マリア・デル・アニーマ、サンタ・マリア・デル・アニーマ・アシスタント、サン・マリア・デル・アニーマ・アシエット、サン・マリア・デッスン、
  DasAuswärtigeAmt Duggenの行動はStrafverfolgungにあります。
DrittländernStrafverfolgung
drohteで知り合ったAltnazis氏。ドイツ語、ドイツ語、ドイツ語、ドイツ語、ドイツ語
  イスラエルの人々のために祈っていた。 Westlihe
Geheimdiensteは、ゲシュタポ・リンゲンのゲーデルダンシュタインの修道院に勤めています。 “

その記事によると、Rauffはゲシュタポのラインに沿ってシリアの秘密警察を作るよう明示されました。
Rauffが(いくつかの同志とともに)シリアを離れるように言われたとき、彼と彼の活動を置き換えるために、いくつかの他のナチがシリアにやって来た。そのうちBrunner。

Erwin Riess:「Reger Pendelverkehr。Kriegsverbrechersのカリキュラムは、Der
Eichmann-Vertrauteアロイス・ブラウンナー・ナッハー・ダ・カーポレーション・ナチ・ドイツ・セーヌ・カレル・ナイツ・オブ・ビートルズ・フォーセッツェン

  [彼の人生のいくつかの駅を詳述。戦後、彼はBND、CIA、ナセルのエジプト、アルジェリアとシリアのFLNのために働く秘密のエージェントの1人でした。

元GDR Stasiの洞察によると、MfSはBrunnerをBNDとCIAの居住者としてシリアに登録しました。

Vom Eichmann-Komplizen zum Gehlen-Experten
  1960年1月1日付けGeheimpolizei Brunner – Ergebnis soll er
erineポジションは “GeorgetifürJudenfragen”であり、Geheimdienst Erhalten
Habenです。ナッハーとヴァンフェンの兵士は、司令官の司令官と司令官である。

     

ダナッハ・リアルサイエリア・イズ・ビス1962年(Tarnnamen Ali
Mohammed)、カイロの天文学者とCIA、そしてダマスカス派の人々の間で、戦争犯罪者。

     

ダマスカス以外の地域では、ジャーナリスト・ツーリストと戦争の司令官を務めています。

     

1988年7月1日にアメリカで出版された「マイクロフィルム」は、1961年に1964年にマサチューセッツ州で出版された、マサチューセッツ工科大学の学術雑誌「マサチューセッツ工科大学」ゲルイフェルトは泣いた。それは戦争中に戦闘を始めるために必要だった。

     

Aber Jan Korteは、BND-Mitarbeiterの名で知られています。「Volker
Foertsch」は、ダマスカスでBND-Mitarbeiterと呼ばれていました。   オハイオ州の帽子 –
ジューサーの中で最も珍しいもの – Bundeskanzleramt
massivのアインシュタインとBNDの遺跡のアーカイブ。ブルックナー・アッケン・イン・ラーメンの1994年のソン・アムステルダム訪問「1945年の1964年の出来事の中で、急速に変化したのは、Bun-Bunnerの別名フィッシャー・リエージュ・エリート・ミッシェル・イット・イン・ザ・ブーンズ・カンパニー

これはオーストリアの新聞で幾分か裏付けされています:

Alois Brunner:Wie der
NS-KriegsverbrecherセイナーVerhaftung entging

しかし、これに対する公式のドイツ政府の姿勢は依然として疑わしく、幾分否定的である。

Deutscher Bundestag Drucksache 18/3777 18.
Wahlperiode 20.01.2015 – アントワート
  ジュネーブ、セビム・ダーデン、ウラ・イェルプケ、伯爵夫人、デュ・リンク。    –
Drucksache 18/3599 –

1 : Bashar al-Assad denied that Brunner ever was in
Syria.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です