大人のように見えるStiylは美術の方向の間違いのせいだと言う情報源はどこにありますか?

大人のように見えるStiylは美術の方向の間違いのせいだと言う情報源はどこにありますか?

私は間違って解釈されている “古い”対 “新しい”について何かを覚えています…

私はそれが Toaru Majutsu no Index Wiki
上にあったと思いますが、私は確信していません…

ベストアンサー

Toaru Majutsu no Index Wiki では、
Stiyl Magnus Kanzaki Kaori
のデザイン進化セクションですが、実際にはその主張を引用するものではありません。実際の出典は、小説のイラストレーターであるHaimura
Kiyotakaの彼のブログです。 StiylとKanzakiのセクションの翻訳:

※ステイルは当初からイメージのズレが余り有りません。衣装は上からマン・ロブ・黒シャツ黒ズボンとなります。

     

ちなみに、魔術側のキャラは1巻当時から、科学側のキャラに比べて年齢と外見の差異が著しいですが、
  コレには一応理由があったします。詳細は神裂のラフで後述。

     

Stiylのデザインはまったく変わっていません
  始まり。トップダウンから、彼はケープ、ローブ、黒いシャツ、そして   黒いズボン。
  ところで、第1巻で紹介されて以来、
  魔法のサイドキャラクターの年齢と外観の間にはギャップがあります
  サイエンスサイドのキャラクターよりはるかに大きかった。ある
  これの理由。神崎のラフをもっと見てみよう。

     

※神裂はパーツが多かったので一番苦労しました。この段階ではジーンズのカトが随分と中途半端です。

     

(ステイルの項から続き)1巻の本文初回を読んだとき、はむむが抱いた印象は、
  「…ああ、これは「オトナの理屈」に子供が反抗する話なんだな」なのでした。
  つまり、1巻目の魔術側キャラであるステイルと神裂は、主人公である上条の目線からは、
  「子供にとって、嬉しくない建物や理屈を並べる大人」に見えたハズなのです。

     

当時はさすがに、「禁書」がココに長く続いていると思ってもいなかったので、
  2名は上記の印象に従い、年齢不相応の造形にしました···それ、7巻かから徐々にそれを後悔する羽目に。

     

神崎のデザインはあまりにも大きかったので、彼女は私に最も困っていました。
  この段階で、彼女のジーンズのカットは途中でしかありませんでした。 (続き)
  Stiylのラフ)私が第1巻の最初のドラフトを読むと、私は出てきた
  反抗的な子どもたちの物語であるという印象を持って   大人の推論に対してそれで私は上條が
  ストイイルと神崎は、推論と   子供が受け入れることを拒否する原則。当時、私は決して
  思考指数はこれほど長く続くだろうから、私は印象に残った   2人のうちの2人の
  年齢…私はそれを後悔し始めていた第7巻について

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です