日取引オプションの取引費用

私は日中にオープンで購入し、後日そのポジションをクローズすることで日中のSPYオプションを欲しがっていますが、私は2回の取引でも契約を破らなければなりません。言い換えれば、オープンで購入して後でその日に売り戻すにはどれくらいの費用がかかりますか?おそらく、これは私が使用しているブローカーと、取引している契約の数に依存していますが、具体的な例やブローカーの推奨事項は高く評価されます。 ベストアンサー はい、あなたの問題は、取引を行うための主要な取引費用があることです。その後、ビッド・アスク・スプレッドを通じて市場メーカ&#x

もっと読む

数学的差異、残高、資本

オプションを使った証拠金取引、オプションポジションを短絡すると、すぐに資本ではなく余裕ができます(分かりやすく)。それまではすべてが同じであれば、次の決済の直後に株式の期待価値をどのように計算するのか。 ベストアンサー 申し訳ありませんが、適切な答えはありません

もっと読む

なぜポートフォリオに既にあるオプションで長いポジションをヘッジするのが理にかなっていないのですか?

ヘッジの意味は、オプションに関連するすべてのリスクを保証し、除去することです。ただし、ポートフォリオには既にオプションがあるため、以下の質問では、ソリューションの銀行口座の返品率を再現することを目標としています。 なぜ私たちはオプションをヘッジすることができないのか分かりません。 ベストアンサー 申し訳ありませんが、適切な答えはありません

もっと読む

基礎がストライキに近いときにヘッジするために株式を売買するだけの理由は何ですか?

デルタはデジタルオプションのスロープを測定します。また、ヘッジ情報も提供します。基礎がストライキに近いときにヘッジするために株式を売買するだけの理由は何ですか? ベストアンサー これは、デジタルオプションの支払い構造によるものです。オプションはお金の外にあり、それがお金の中にあるときに即座に一定の支払い金額に行く間の報酬は何もありません。それはオプションがプレーンバニラオプションのようにお金の中にますます増えるにつれて徐々に増加しません。 これらのオプションをヘッジするのが難しいのは、ガンマスイッチがストライキ&#x306

もっと読む

Monte Carlo(C ++とPythonコードが含まれています)を使用した二重障壁オプションの価格設定

I’m trying to price an option with upper and lower barriers using MC where the payoff is $B_u$ when $S_t > B_u$, $B_l$ when $S_t < B_l$ and $S_t$ when $B_l < S_t < B_u$. 私はPythonとC ++の両方でコードを書いていますが、それぞれ同じ価格ですが、直感的には正しいとは思われません。以下のパラメータについては、価格= 109.991です。誰かがどこにエラーがあるかもしれない/私が本当に感謝している分析的な解決策であるかもしれないポインターがある場合! C ++: #include #include #include // Initialize variables double s0 = 100; //Price double vol = 0.4; //Volatility double r = 0.01; //Interest Rate double t_ = 255; //Year int days = 2; //Days int N = pow(10,6); //Simulations double b_u = 110; //Upper Barrier (Rebate) double b_l = 90; //Lower Barrier (Rebate) using namespace std; std::default_random_engine generator; double asset_price(double p,double vol,int periods) { double mean = 0.0; double stdv = 1.0; std::normal_distribution distribution(mean,stdv); for(int i=0; i < periods; i++) { double w = distribution(generator); p += s0 * exp((r – 0.5 * pow(vol,2)) * days + vol * sqrt(days) * w); } return p; } int main() { //Monte Carlo Payoffs double avg = 0.0; for(int j=0; j < N; j++) { double temp = asset_price(s0,vol,days); if(temp >

もっと読む

将来の債券オプション – そこにあるカプレット表現?

私は債券 – 将来のオプションで遊ぶことを試みています。債券の将来は債券のバスケットでの将来の契約です。短所は、いわゆる債券最も安価な物品(CTD)を提供する。 したがって、将来の債券オプションは、このバスケットのオプションです。次のようなことを簡単にしましょう: the option is directly struck on the CTD; CTD is a zero-coupon bond; the option is European, $t < T_{opt} leq T_{for} < T_{ctd} $ thus paying at option’s expiration $T_{opt}$: $$ left(P(T_ {opt}、T_ {for}、T_ {ctd}) – K right)^ + $$ ここで、$ T_ {for} $は基本的な先渡しであり、$ T_ {ctd} $はCTD債券成熟度であり、$ P(T_ {opt}、T_ {for}、T_ {ctd})$は$ T_ {opt } $ – $ T_ {for} $で成熟する債券フォワードの価値。 $ T_ {opt} equiv T_ {mat} = T $ならば、将来の債券オプションはCTD債券の標準オプショ&#x

もっと読む

オプションコールの質問

私はコールオプションの練習に関する質問がある 株式の価格は100であり、継続的に配合されるリスクフリーレートは5%である。 その株式の欧州通貨オプションのストライキ価格は105.13で、価格は11.92で、満期は1年です。同じ株式のストライキ107.79と価格11.50の満期1.5年の第2の欧州通貨オプションがあります。リスクのない裁定取引の機会はありますか?もしそうなら、裁定戦略は何ですか? t = 1年とt = 1.5年の両方で、世界のすべての関連する州における報酬を示す。 ベストアンサー 最終的な状態にかかわらず、あなたの質問の最後のポイントはそれを遠ざけます – 裁定では、報酬は常に$ geqsla

もっと読む

オプション評価

Black-Scholesのオプション価値は、資本資産価格モデル、オプションなしで作成されたリスクフリーポートフォリオの使用に頼らない 、および基本的な商品のデルタ決定金額によって導出できますか? ベストアンサー 頻繁にポール・ウィルモット(Paul Wilmott)による定量的ファイナンス(2009年)の質問された質問、p。 416: This derivation, originally due to Cox & Rubinstein (1985) starts from the Capital Asset Pricing Model in continuous time. In particular it uses the result that there is a linear relationship between the expected return on a financial instrument and the covariance of the asset with the market. The latter term can be thought of as compensation for taking risk. But the asset and its option are perfectly correlated, so the compensation in excess of the risk-free rate for taking unit amount of risk must be the same for each. For the stock, the expected return (dividing by $dt$) is $mu$. Its risk is $sigma$. From Ito we have $$dV = frac{partial V}{partial t}dt + frac{1}{2}sigma^2S^2frac{partial ^2V}{partial S^2}dt + frac{partial V}{partial S}dS$$ Therefore the expected return on the option is $$frac{1}{V}left( frac{partial V}{partial t} + frac{1}{2}sigma^2S^2frac{partial ^2V}{partial S^2} + mu S frac{partial V}{partial S}right)$$ and the risk

もっと読む

コールオプション練習

私はこの練習に立ち往生し、それを解決する方法を知らない、多分誰かが私を助けることができる:) 私たちは特別な種類の欧州通話を持っていますが、オプションが満期になると買い手はオプション価格を支払うだけです。初期支払がないので、(t = 0)におけるオプションの価値はゼロである。ストライキ価格は1440ドルです。原資産価値は(At t = 0)$ 1,440です。継続的に複合されたリスクフリー・レートは毎年4.88%であり、原資産のボラティリティは毎年11%です。指数の配当利回りはゼロです。オプションの満期は半年です。 t = 0におけるオプションの価値がゼロである&

もっと読む

オプション:指値を上回る場合の配当

A stock has a mean and volatility. A stock index has another mean and volatility. What is the value of an option that at time T pays out the stock price at time T if the stock has outperformed the index by 3%? In other words, if $S_T/I_T > 1.03$ then payoff = $S_T$ otherwise the payoff is zero. 1つのアプローチは、モンテカルロ・アプローチであろう。 simulate M=10,000 paths for the stock and index, each path of length 250. Use a GBM with mean and volatility estimated from historical data save the end price of each path, thus having a list of M stock prices and index prices Pr(payoff) = sum the number of times stock/index > 1.03 and divide by M the expected payoff = Pr(payoff) * average($S_T$) ベストアンサー Assume under risk neutral measure begin{eqnarray} dS_t/S_t&=&alpha_1 dt + sigma_1 dW^1_t \ dI_t/I_t&=&alpha_2 dt + sigma_2 dW^2_t end{eqnarray} where $alpha_1$ and $alpha_2$ are the risk neutral drifts (containing the information on rate, dividends and repo cost. For instance $alpha_1 = alpha_2 = r$ if there is zero dividends and zero repo cost), $sigma_1$ and $sigma_2$ are the respective stock and index volatilities, and with correlation $rho$ between $W^1$ and $W^2$, Then begin{eqnarray} text{option value} &=& e^{-rT} E_P[S_T times text{Indicator}(S_T/I_T > 1.03)]\ &=& e^{-rT} E_P[S_T] E_Q[text{Indicator}(S_T/I_T > 1.03)] \ &=& e^{-rT} E_P[S_T] Q(S_T/I_T > 1.03) \ &=& e^{(alpha_1-r)T} S_0 Q(S_T/I_T > 1.03) \ end{eqnarray} ここで、$ dQ/dP | _ {t = 0} = S_T/E_P [S_T] $である。 From the Girsanov theorem begin{eqnarray} dS_t/S_t&=&(alpha_1+sigma_1^2) dt + sigma_1 dW’^1_t \ dI_t/I_t&=&(alpha_2+rhosigma_1sigma_2) dt + sigma_2 dW’^2_t end{eqnarray} with $W’^1$ and $W’^2$ st

もっと読む