^ {d(n) – 1} = o(n)$を持つ既知の方法では、$ SIZE $ – $ DEPTH(s、d)

$ SIZE $ – $ DEPTH(s、d)$は、サイズ$ O(s(n))$および深さ$ d(n)$の回路族によって計算される関数であると定義する。 Boppanaの1997年の低深度回路の平均感度に関する論文から、$ s、d、s ‘、d’: mathbb {N} rightarrow mathbb {N} $の関数がある場合、 $ log(s(n))^ {d(n)-1} = o(n)$、 $ {s ‘(n)} ^ {d’(n) – 1} = o(log(s) $ SIZE $ – $ DEPTH(s、d) neq SIZE $ – $ DEPTH(s ‘、d’)$を知っています。 これは、$ SIZE $ – $ DEPTH(s、d)$では、対応する$ s ‘、d’ $よりも大きなビット数で$ PARITY $を計算できるためです。これは、多数の低複雑なクラスを分けます。最も興味深いのは、$ qAC ^ 0 neq FOLL $です。一方、 $(s(n))^ {d(n) – 1})$ { 私はそれらを分ける方法を知らない。明ら&#

もっと読む