サラエボの3年半の包囲戦で30万人が生き残ったのはどうでしたか?

サラエボの住人は、1992年から1996年の間に3 1/2年の包囲戦でどのように生き残ったのですか?具体的には、水、食べ物、暖房はどのように扱ったのですか? Background: In 2018, Sweden sent out a leaflet “If Crises or War Comes” informing the population on how to prepare for such situations, focusing on water, food, heating, and communication. I cannot find the original source, but someone knowledgeable in the matter told me that a government report claimed that the average Swede is self-sufficient for less than one week. My random sampling among friends and neighbors suggests that this number makes sense. I recently saw the BBC documentary “Death of Yugoslavia” and, comparing the self-sufficiency of the average Swede with the duration of Sarajevo’s siege, I can’t help wonder. BBCのドキュメンタリーから、私は都市に電気はなく、ガスもなく、すべての道路が遮断されていることを理解しました。電力は、水ポンプがオフラインであることを意味しない可能性が高い。人々はほとんど川から水を取っ&#x3

もっと読む