Smartyを使用するときにカスタムテンプレートディレクトリを最初に検索{include}

I’m sure this is easy but the answer has escaped me. On a Drupal install CiviCRM is installed at: /webtree/mysite/htdocs/sites/www.mysite/modules/civicrm I have a Custom Template File directory set to /webtree/mysite/htdocs/sites/www.mysite/files/civicrm/templates 私はカスタムテンプレートファイル “someText.tpl”をカスタムテンプレートファイルディレクトリに保存したいと思っています。これは、いくつかのロジックに応じて、オンラインイベント登録システムのワークフローメッセージに次のコマンドを使用することができます。 {include file = “someText.tpl”} If I place the file at: /webtree/mysite/htdocs/sites/www.mysite/modules/civicrm/templates/someText.tpl it is read just fine, but I haven’t been able to find a way to place it at /webtree/mysite/htdocs/sites/www.mysite/files/civicrm/templates 私はドット表記法、完全なパスなどを試してみましたが、モジュール/ civicrm/templatesのパスにないテンプレートを読み込んでインクルードすること&#

もっと読む

スマートなカスタム日付フィールドの書式設定

私は電子メールを送信するためにsmartyを使用してカスタム日付フィールドをフォーマットしようとしています。私が欲しいのは、「2018年4月18日(水)」という曜日を含むことです。これはうまくいくはずです: {contact.custom_105|date_format:”%A, %B %e, %Y”} しかし、メールの送信がハングアップします。私がちょうど使用すればまたハングアップする {contact.custom_105|date_format} {contact.custom_105}を使用してフォーマット済みの日付「03/01/2018 3:15 AM」を送信できるので、正しいフィールドで作業していることがわかります。 私が望むようにこれをどのようにフォーマットできますか? ベストアンサー 答えを見つけました。 civiフィールドトークンは、&#

もっと読む