離陸/周回時の可変ispロケット(VASIMR)の最適推力対isp

この質問は当初Kerbal Space Programの演奏からインスピレーションを受けましたが、より一般的な答えを求めています。 私は、 VASIMRを使用して、KSPの優れた Near Future Propulsion モードを演奏してきました。 エンジン。 VASIMRエンジンには可変推力があり、深い宇宙旅行に適した低推力高ispオプション、小型太陽系体から持ち上げるのに十分強力な高推力低ispオプションがあります。 離陸のどの段階で、高い推力から高いISPに切り替えるのが最適な状態になりますか(デルタVの点で)?最適な変化は徐々に起こるのか突然起こるのか? 私の直感は、地上または軌道周回軌道上にいる限り、軌道に入&#x30

もっと読む

$ I_ {sp} $はいつ推力よりも懸念事項になりますか?

地球からの軌道発射では、打ち上げの初期段階での優先順位は、実際に地面に降りて「重力抗力」と空気抵抗による損失を最小限に抑えるために、高い推力です。 LEOを超えて進めたいと思っているなら、与えられた質量比から最大デルタVを達成するために、最も重要な考慮事項は$ I_ {sp} $ – 本質的に排気速度です。 私はこれらの2つの考慮事項の間の移行がいつ起こるのかを理解しようとすることに興味があります。低推力に切り替える前にどのくらい高速にする必要がありますか(それほど低くはありません – 化学ロケットではなくイオンまたはlightail)が、高い$ I_ {sp} $&

もっと読む