t(E)の計算

楕円軌道の平均半径ベクトルは半長軸と同等です。
摂動していない楕円軌道の半径ベクトルを一定の角度ステップで偏心的な異常の関数としてサンプリングすると、ちょうど半長軸が得られます。

偏心的な異常の価値を考えると、私はTLE時代から対応する時間を見つける必要があります。
TLE +
SGP4を使用すると、アルゴリズムは非常に複雑でクリティカルです(少なくとも、非常に摂動の非常に低い地球周回衛星の場合)。

1)Eの関数としてtを計算する手続き(TLE + SGP4で動作する)はありますか?

2)いくつかの衛星では、次のグラフに示すように、偏心異常は時間の経過とともに同じです。

enter image description here

グラフはちょっと混乱しているように思えるかもしれませんが、E = -52.3度の1軌道内のあいまいさを単に示しています。
半長軸の計算で、現在のEが-52.3 degであると仮定します.1 t(たとえば18044.94)を取るか、すべてのtをE =
-52.3で取る必要がありますか?

ベストアンサー
申し訳ありませんが、適切な答えはありません

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です