土星Vは最初のステージの後に1.1km/sしか進んでいませんでしたか?

WikipediaとNASAのデータを使って、私は第1段階(S-IC)を投棄した後に土星Vの速度を計算し、

begin{align}V &= ln(M_{initial}/M_{final}) times V_e – g
times T_{burn}\ \&=ln(2970t/819t) times 3kms – 9.81m/s^2
times 304send{align}

左期

1.3x3kms = 4kms

右期

-9.81m/s2(304s)

= -2.9kms

一緒に

4 – 2.9 = 1.1 km/s

これは2kms以上を意味するNASAの文書よりもはるかに少ない

この時点でS-ICが地球に対して垂直に飛行していた場合、どうすればそれを説明できますか?

ベストアンサー

この時点でS ICが地球に対して垂直に飛行していた場合、どのようにそれを説明しますか?

S-ICは垂直に飛行していませんでした。第1段階のカットオフでは、飛行に約161秒で、垂直から70度を超えて投球しました。ほぼ水平に加速していました。
SA-507(Apollo
12)の時間とピッチ角のプロットを示します)サターンVフライトマニュアル

Plot of pitch angle versus flight time. From 0 degrees (vertical) for the first 20 seconds of flight, the plot slopes down to approximately -70 degrees at 160 seconds (first stage cutoff), holds that pitch angle until about 210 seconds, then continues sloping down generally to almost -110 degrees at Earth parking orbit insertion at around 710 seconds.
At first stage cutoff the rocket had traveled 95 km downrange —
difficult to achieve in a vertical ascent. This table is from the
Apollo 11 flight report:

Table of nominal and actual values for various flight parameters at first stage separation for Apollo 11. Nominal altitude is 67.4km and nominal surface range (i.e. horizontal travel) is 93.7 km.

あなたが純粋な垂直上昇の予想高度を計算すると、おそらく67kmをはるかに上回る数字が見つかるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です