Vector-RのLP-1とLP-2エンジンは、液体プロピレンを燃料としてLOXを使用し、利点と灯油と区別して使用しますか?

@ gwallyの答えは、Vector
Launch Inc.とそのプロペンまたはC3H6 (1つの二重結合)。

RP-1など、より一般的で長鎖のケロシンに比べてプロペンを使用する利点は何ですか?これらのL-プロペン/
LOXエンジンの設計と運転は、どのようにして同様のサイズのKeroloxエンジンと異なるのでしょうか?

3つの炭素だけで、極端な圧力をかけずに液体であることが必要ですが、メタンほど冷たくはありません。液体のプロパンや他の短い炭化水素よりも液体の<�プロペン>が選ばれたのも不思議です。

enter image description here enter image description here

enter image description here

above: Images from here, here, and
here.

enter image description here

above: Vector-R’s three 1st stage LP-1 engines,
from Spaceflight Insider.

ベストアンサー

According to a pair of posts on the nasaspaceflight.com forum,
liquid propene/propylene yields substantially better specific
impulse than RP-1, while being substantially denser than methane.
Thus, it seems sort of a compromise propellant between the two.
Garvey Spacecraft Corp’s site makes the same
points about that fuel combination
, with a 2009 flight test of
a small engine based on it.

また、プロパンや他の短いアルケンよりも少し緻密で衝撃的な両方の密度があります。

ケロロックス段階とは異なり、プロピルオキシ(ε)段階は低温燃料と酸化剤の両方を有する。燃料はLOXと同じくらい冷たくなりたくない(融点88K、LOXの沸点90Kに対して100K以下になる)が、隔離された一般的なバルクヘッドタンクにはまだ近いかもしれない燃料タンクと酸化剤タンク

私はVectorが実際にそうしているのかどうかはわかりません。一般的に、ケロロックスよりもメタロックス段階に似ていますが、燃料タンクでは少しコンパクトです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です