誰かが自動化されたVerifone端末をテストしていますか?

私たちはPOSテストを行っています。私たちはverifone決済処理端末を持っています。つまり、すべての食料雑貨店、店舗などではいつもどこでも見ることができます。POSテストの一部なので、私のverifoneデバイス回帰テストケースを自動化する

感謝万円!あなたの助けに感謝!

ベストアンサー

デバイステストを自動化しません

これには2つの理由があります。

  1. デバイスのファームウェアは制御できません。これは、Verifoneによってテストされ、提供され、Verifoneによって(うまくいけば)テストされます。
  2. 支払いゲートウェイを支配する権限はありません。それはまた、デバイスが使用する支払いプロバイダによってテストされ、提供され、(うまくいけば)テストされます。

あなたが制御しテストできる部分は、PoSソフトウェアとデバイスの間のインターフェースです。

自動回帰のオプション

  • Don’t automate credit card/debit card payments
    – This is the obvious answer, because you can’t automate card
    swipes through the device, smart card reads, or PIN pad entries
    without getting entirely too complex. It’s the answer my team
    defaulted to when I was working with Point of Sale software that
    had multiple payment gateways.
  • Use a simulator – If you need to perform
    regression testing against the interface between your software and
    the device (which should be rare, because that kind of software
    tends to be stable once configured and set up – I don’t recall many
    changes to the interfaces between specific device types in the
    software I tested), you need to use a simulator that can send and
    receive the same range of messages the device uses. If Verifone
    does not provide a simulator, you will need to write your own,
    using the specifications provided for your system to work with the
    device.

    • If you use a vendor-provided simulator – In my
      experience vendor-provided simulators tend to be updated less often
      and have more bugs than the live firmware, so you would need to
      monitor firmware updates for changes that aren’t implemented in a
      vendor-provided simulator.
    • If you write your own simulator – You will
      need to manage changes to the device firmware and messaging by
      updating the simulator as needed. In my experience, the priority
      placed on simulator updates tends to be fairly low.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です