WordPressでのCiviCRM拡張GDPRのクリーンな再インストール

私はそれを完全に採用する前にGDPRの拡張を評価しようとしてきました。プライバシーファイルに関するダミーの情報を入力しましたが、今度は削除して再開したいと考えています。その情報を簡単に削除する方法はないようです。拡張機能を無効にしてアンインストールしてから再インストールしてみましたが、最初に入力した情報が引き続き戻ってきて、情報がCiviCRMデータベースに保存されていることがわかります。

ドキュメントには、 削除¶

If you no longer wish to use GDPR, you may disable it, or uninstall it.

    Disable - will turn off GDPR’s features, but preserve any data that you have created with it. If you re-enable GDPR later, you'll be back where you left off.
    Uninstall - can be done after disabling, and will completely remove all traces of GDRP, including the data created with it. If you re-install GDPR later, you'll be back to square one, before you ever installed it.

「すべての痕跡の除去」は私のためには機能していないと私が言ったように、私は完全に新鮮なインストールをしたい。
他の誰かがこれをやろうとしたことがありますか?

ベストアンサー
申し訳ありませんが、適切な答えはありません

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です