太陽系内のすべての惑星の色彩/外観をいつ知ったのですか?

太陽系内のすべての惑星の色彩/外観をいつ発見しましたか?このプロセスは長期間にわたり広がっていましたか?

ベストアンサー

Vector site provides a nice summary of what we
know about the planets. That will be the source for my answer.

いくつかの惑星は、古代の人々にはかなりよく知られていましたが、望遠鏡の誕生と増殖(1600年代から)、現代の望遠鏡と宇宙探査(1900年代)までしか目を使うことができませんでした。

古代に知られている惑星は、水星、金星、火星、木星、土星であった。これらの中で、金星と火星は目によって(火星が赤く見える)より詳細に観察される可能性がありますが、木星と土星はより明るい遠方の星として見えます。しかし、彼らは軌道がはっきりしていたので、彼らは「惑星」のカテゴリーに入りました。近くの惑星でさえ、目に混乱しています
– 水星と金星は大気中には低いか、太陽と一致していますので、目で見ることは難しいです。

1600年代から1900年代初めの望遠鏡はそれほど多くのことしか伝えられませんでした。望遠鏡の観測と組み合わせた数学と軌道の力学を使って、天文学者は相対密度、質量、軌道パラメータなどを決定することができます。著名な月も見られた。ガリレオは1610年に木星の最初の観測で4つの月を見つけた。

より遠い惑星にはより強力な望遠鏡が必要でした。天王星は1780年代まで発見されず、そのリングは1977年まで発見されなかった。

天王星の軌道力学の理解は、別の惑星の存在を示唆するために1800年代に開発されたので、天文学者たちは探し始めました。天王星の奇妙な軌道と数学の最新の理解によって、Le
Verrierは問題の源泉でなければならない位置をプロットした。したがって、1846年に海王星が発見された。ガリレオは実際1613年に海王星を発見したが、星。ネプチューンの最初の月のトリトンはちょっと後で発見されましたが、その特性を計算するのが難しいほど小さく、かすかなように見えました。

冥王星は1930年まで発見されませんでした。私はここで惑星の議論を避けますが、冥王星に関する情報は遅く来て解釈が難しかったです。冥王星の行動のいくつかを定義し、バイナリシステムとして珍しいCharonは、1978年まで見つからなかった。

望遠鏡も誤解を招く可能性があります。最も有名なのは火星運河です。海やオアシスを結ぶように見える運河の存在は、1800年代の観測で現れた。ジョヴァンニ・シアパレッリは、1877年に目立って火星の地図を作った。運河とその起源は、他の天文学者が彼らを見ることができないと主張していましたが、何年もの間、天文学者とSFコミュニティの想像力を捉えました。この熱狂には、1906年にPercival
Lowellによって「MARS AND ITS
CANALS」という本が含まれていました。マリナー4が1965年に火星を観測したとき、運河やオアシスはなく、ただ不毛な惑星でした。

古典的な望遠鏡の限界は、1800年代後半に達するようになった。例えば、木星の5番目の知られている月は1892年に観測され、写真撮影技術(すなわち現代の望遠鏡)が有用になるまでは最後の月であろう。レーダー天文学は追加のデータを提供し、1950年代に金星が非常に熱くなったことを示すような以前の観測結果を修正するだろう(以前は金星が沼地と考えられていた)。

これらの地球ベースの観測の大部分は、1960年代には依然として比較的基本的なものでした。
宇宙探査機は、1960年代初めから単純な探査を始めとして、これらの観測の多くを明確にし、確認しなければならなかった。ガス巨人の場合、パイオニア10と11が最初の訪問者でしたが、かなり基本的でしたが、すぐに従うボイジャーは、現在知られているものに多くを加えた素晴らしいデータを提供しました
– そこにはまだ多くの謎があります。地球に根ざした観測所も依然として重要な役割を果たしている。

その答えを要約すると、比較的近頃まで推測して推測できる色と外観を持つ惑星は、ほんのわずかです。望遠鏡は確かに1600年代初めに始まったが、まだ間違いや限界があった(火星運河の論争が一例である)。地球観測では私たちの知識は拡大しましたが、物性(質量、密度、回転速度、大気パラメータなど)がより重要になりました。宇宙探査は、色と外観を決定する上で最善の方法でした。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です