失調のパイロット/乗組員のための予算ミッションの考慮事項?

体外の人間が宇宙船に乗っていることはSFでは珍しいことではありません。

どちらかの脳が体から取り除かれます。人工的に生かされ、しばしば船に直接接続されていました。あるいは、人間の脳はコンピュータに移され、有機成分は存在しない。

第一に、解体された脳は、今日の科学では少なくとも理論的に可能です。倫理的配慮により、現時点では実装/テストが行​​われる可能性は低い。

1人または2人の宇宙飛行士を宇宙ミッションに派遣することは、資源要件を大幅に引き下げることになる。栄養不足、インフラ整備など

身体的、物理的、有機的観点から、外的惑星への任務の任務のパラメータはどうでしょうか?

土星の月のタイタンへの脱獄された使命と比較して、それほど広くはなく、私たちの月への有人ミッションとみなされた。必要なリソースの減少を考えれば、同じ財政予算($)で両方のミッションを完了できますか?

ベストアンサー

それはすべて重量比まで沸騰する:

  1. How many kg of payload are currently needed to get an
    average human to the moon and back?
    Here, payload means
    the payload of the return capsule plus all mass that was left
    behind during the mission, except for propellant.
  2. By what factor could this number be reduced
    with the assumed “disembodiement” (is that a word?)
    technology?
  3. How much would a crewed mission cost? Assume
    any number, say, 3 people.
  4. Reduce these costs by the factor that’s the answer to
    point 2.
    Alternatively, you could get factor as many
    brains to the moon for the same costs.
  5. Generalization to Titan is straight-forward but cost estimates
    are probably less reliable.

答えは今日のように想像力に大きく依存しているので、ポイント2が重要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です