Yu-Gi-Oh映画の終わりに他の由木が描くカードは何ですか?

Yu-Gi-Oh !: The Dimensions of The Dimensions
の映画では、真のユギは最後の戦いの結果として気絶しました。ユギが気絶した後、他のユギが現れ、彼はエジプトのマハードで司祭の一人を呼び寄せてカードを描きました。そして驚くべきことに、彼はただ一つのカードで彼の
“最後のボス”を打つことができた。

ユギが最後の戦いで描いたカードは?

Yugi drew the card Yugi declared the card Last boss defeated

ベストアンサー

彼が描く唯一のカードは、パラディウムオラクルマハドです。この部分はナレーションされておらず、また「カードの効果」も何らかの形で記述されているわけではないため、イン・ムービー・カードが現実のカードと正確にマッチする保証はありませんが、

Variation of Palladium Oracle of Mahad

Picture taken from Deviant art

ウィキアの概要に基づいて更新された回答

それはこの wiki で説明されています。そのリンクの要約のセクションをご覧ください。
以下は、ユギがターン4で気絶し、マハードを召喚するまでの要約です。

4:

     

フェイスダウン “Metalhold the Moving Blockade”。
  彼がコントロールするレベル4の機械族モンスターの数、特殊召喚する   Attack
Positionのモンスター(0/0)として「Metalhold」を装備し、それらに装備する
  それにモンスターを加え、装備品の合計攻撃力で攻撃力を増加させます   モンスター。
「シルバーガジェット」と「ゴールドガジェット」は   ”Metalhold”(0→3200)。
“Metalhold”は他のモンスターの存在を防ぎます
  攻撃の対象となるため、攻撃は「金属保有物」にリダイレクトされます。として
  彼がコントロールしているモンスターは戦闘によって破壊され、Aigamiは彼を活性化する
  フェイスダウン “Cubic Defense”、その破壊を防ぎ、彼に任せる
  自分の手札から同じ名前のモンスターを2体召喚する。彼   Attack
Positionに2つ以上の “Crimson Novas”(3000/0)を特殊召喚する。   2番目の
“Crimson Nova”は “Pandemic Dragon”を攻撃して破壊します
  (Kaiba:4500→2000)。それが破壊されたとき、「パンデミック
  フィールド上のすべてのモンスターの攻撃力を減少させます   1000であるが、
“Crimson Novas”は “Pandemic Dragon”の影響を受けていない
  3000ポンド未満(「メタルホールド」:3200→2200)。 3番目の “Crimson
  Novaが “Metalhold”を攻撃して破壊する(Yugi:5000→2800)。

     

彼の “Crimson Novas”のうちの2人がこのターン、戦闘でモンスターを破壊したため、
  彼らは両方の効果によって再び攻撃することができます。彼らは直接攻撃を行い、
  Yugiはフェイスダウンの連続罠カード「Spiritual   彼が1000
LPを支払って   攻撃。彼は両方の攻撃を否定するために2000を支払う(勇気:2800→800)。相模原
  彼の顔を下にして「立方体統一」を活性化し、彼に
  融合「キュービック」融合モンスターを手札から召喚する
  材料としてのフィールド。彼は3つの “Crimson Novas”をFusionに融合させた
  ”クリムゾンノヴァトリニティダークキュービックロード”(4500/3000)を召喚してください
  攻撃位置。 “クリムゾンノヴァトリニティ”はYugiを直接攻撃する
  その効果は攻撃時にアクティブになり、相手のLPを半減させる(勇:   800→400;
Kaiba:2000→1000)。対戦相手のモンスターが   自分の攻撃力以上の怪物との直接攻撃
  LP、Kaibaは彼のフェイスダウン “Krystal Avatar”を特別召喚する
  それは彼のLP(1000/0)に等しいATKを持つモンスターとして、その後
  それに対する攻撃の標的。 「クリスタルアバター」が破壊される(海馬:1000→0)
  「クリスタルアバター」の効果は、   相手のダメージとして攻撃力を与えます。
(相模原:5000→   4000)。アイガミは「クリムゾンノヴァトリニティ」の効果を
  ユギのダメージと同程度のダメージを与えるが、ユギは活性化する
  「クリア栗のクリア」の効果を手から   墓地を破壊して0にダメージを与える。それは
  このターン、「Crimson Nova Trinity」の効果で攻撃する   再び。
“Crimson Nova Trinity”が直接攻撃し、その効果
  YugiのLP(Yugi:400→200)を半分に活性化、半減させる。攻撃は続けられ、
  ユギは自分の墓地にある「クリアクリボー」の効果を活性化する
  対戦相手のモンスターが直接攻撃しているので、それを彼から追い払う
  墓地にカードを1枚引く。それがモンスターである場合、彼は特殊召喚する事ができる
  相手モンスターを強制的に攻撃する。

     

この時点で、Yugiは続行できませんが、Atemは世界に戻り、引き継ぎます。

     

Atemが「Palladium Oracle
Mahad」を引き出し、それを攻撃の位置で「クリアクリボー」の効果で特殊召喚します(2500/2100)。
  それに攻撃をリダイレクトします。 “クリムゾンノヴァトリニティ”は “マハド”を攻撃します。
  ダークモンスターと戦って “マハド”が活動するようになると、
  そのATKを2倍にします(2500→5000)。 “クリムゾンノヴァトリニティ”が破壊されました
  (相模原:4000→0)。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です